ホーム > アルバム > 8.572074 トーニ:「墓場なき死者」による3つの習作/フルート・ソナタ/ヴァイオリン・ソナタ/弦楽三重奏曲(エクス・ヌォーヴォ・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572074
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽
作曲家
カミッロ・トーニ Camillo Togni
作詞家
ジャン=ポール・サルトル Jean-Paul Sartre
アーティスト
ローナ・ウィンザー Lorna Windsor , アルド・オルヴィエート Aldo Orvieto , カルロ・テオドーロ Carlo Teodoro , マリオ・パラディン Mario Paladin , ピエロ・ボナグーリ Piero Bonaguri , カルロ・ラツァリ Carlo Lazari , ダニエレ・ルッジェーリ Daniele Ruggieri

トーニ:「墓場なき死者」による3つの習作/フルート・ソナタ/ヴァイオリン・ソナタ/弦楽三重奏曲(エクス・ヌォーヴォ・アンサンブル)

TOGNI, C.: 3 Studies on Morts sans sepulture / Flute Sonata / Violin Sonata / String Trio (Ex Novo Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572074

全トラック選択/解除

カミッロ・トーニ - Camillo Togni (1922-1993)

**:**
「墓場なき死者」による3つの習作 Op. 31

3 Studies on Morts sans sepulture, Op. 31

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262941
**:**
»  No. 1. Andante
1.

-

**:**
»  No. 2. Quasi Passacaglia
2.

-

**:**
»  No. 3. Comodo
3.

-

 
**:**
フルート・ソナタ Op. 35

Flute Sonata, Op. 35

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262968
**:**
»  I. Comodo
4.

-

**:**
»  II. Recitativo: Lento
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Vivace
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ Op. 37

Violin Sonata, Op. 37

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/262980
**:**
»  I. Moderatamente sostenuto
7.

-

**:**
»  II. Sarabanda: Lento assai
8.

-

**:**
»  III. Rondo: Deciso
9.

-

 
**:**
ギターとチェロのための小品

Piece for guitar and cello

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/263214
**:**
»  I. —
10.

-

**:**
»  II. —
11.

-

**:**
»  III. —
12.

-

 
**:**
5つの小品

5 Pieces

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/263216
**:**
»  No. 1. Kotile chelidon (Rondine garrula)
13.

-

**:**
»  No. 2. Adoiastos (Fermamente)
14.

-

**:**
»  No. 3. Plexis (Intreccio)
15.

-

**:**
»  No. 4. Amomon Anthos (Fiore di cinnamomo)
16.

-

**:**
»  No. 5. Hymnos (Compianto)
17.

-

 
**:**
弦楽三重奏曲

String Trio

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/263217
**:**
»  I. Angry
18.

-

**:**
»  II. Tortured
19.

-

**:**
»  III. Burning
20.

-

 
**:**
2つの前奏曲

2 Preludes

録音: 9, 11 September 2008, Chiesa S. Apollinare, Lonigo (Vicenza), Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/263219
**:**
»  No. 1. Andante
21.

-

**:**
»  No. 2. —
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
カミッロ・トーニは20世紀イタリアの作曲家です。若き頃にはカセッラたちと学び、様々な技法を習得しました。(ピアノはアンフォッシとミケランジェロに学んでいます)しかし彼の作風は後期ロマン派の様式を有し、そこには明らかにシェーンベルクの影響が見て取れます。このアルバムには彼の30年間の仕事が収められていて、彼の愛した詩人や作曲技法を伺い知ることができます。サルトルの詩を用いた「3つの習作」は、歌のメロディはフランス風で全音階的ではなく半音階的。4つの音符の音列を用いて曲を発展させることに力を注いでいるようです。興味がある人は分析を試みてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。