ホーム > アルバム > 8.572114 シューベルト:ミサ曲第5番/マニフィカト D. 486 (イモータル・バッハ・アンサンブル/シュミット=イェンセン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572114
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
フランツ・シューベルト Franz Schubert
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
イモータル・バッハ・アンサンブル Immortal Bach Ensemble , ドミニジュ・コニガー Dominik Koniger , モルテン・シュルト=イェンセン Morten Schuldt-Jensen , ライプツィヒ室内管弦楽団 Leipzig Chamber Orchestra , ベッティナ・ランチ Bettina Ranch , リ・ミンウ Min Woo Lim , トリーネ・ウィルスベリ・ルンド Trine Wilsberg Lund

シューベルト:ミサ曲第5番/マニフィカト D. 486 (イモータル・バッハ・アンサンブル/シュミット=イェンセン)

SCHUBERT, F.: Mass No. 5 in A-Flat Major / Magnificat, D. 486 (Immortal Bach Ensemble, Schuldt-Jensen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572114

全トラック選択/解除

フランツ・シューベルト - Franz Schubert (1797-1828)

**:**
ミサ曲第5番 変イ長調 D. 678

Mass No. 5 in A-Flat Major, D. 678

録音: 12-13 August 2009, Paul-Gerhardt-Kirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/401844
**:**
»  Kyrie
1.

-

**:**
»  Gloria: Gloria in excelsis Deo
2.

-

**:**
»  Gloria: Gratias agimus tibi
3.

-

**:**
»  Gloria: Domine Deus, Agnus Dei
4.

-

**:**
»  Gloria: Cum Sancto Spiritu
5.

-

**:**
»  Credo: Credo in unum Deum
6.

-

**:**
»  Credo: Et incarnatus est
7.

-

**:**
»  Credo: Et resurrexit
8.

-

**:**
»  Credo: Confiteor
9.

-

**:**
»  Sanctus: Sanctus Dominus
10.

-

**:**
»  Sanctus: Osanna in excelsis
11.

-

**:**
»  Benedictus
12.

-

**:**
»  Agnus Dei: Agnus Dei, qui tollis peccata mundi
13.

-

**:**
»  Agnus Dei: Dona nobis pacem
14.

-

 
**:**
マニフィカト ハ長調 D. 486

Magnificat in C Major, D. 486

録音: 12-13 August 2009, Paul-Gerhardt-Kirche, Leipzig, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/401845
**:**
»  Magnificat anima mea Dominum
15.

-

**:**
»  Deposuit potentes de sede
16.

-

**:**
»  Gloria Patri
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/02/01
シューベルト(1797-1828)のミサ曲の中でも最も美しく創造的」と言われる第5番です。未完成交響曲と同じ時期に書かれた作品で、管楽器、とりわけ木管楽器の扱いには目を見張るものがあります。流動的なハーモニーが魅力的で、何より全編に曇りなき明るさが満ちているのが特徴です。大気を漂うようなキリエ。躍動感溢れるグローリア、例外的な悲しみを帯びたサンクトゥス、ソリストたちの清冽な歌唱が印象的なアニュス・デイと聴きどころ満載です。ブルックナーのミサ曲にも通じる重厚な風格も帯びています。マニフィカトはスコアに1816年9月の記載がありますが、その前年に書かれた可能性が示唆されています。ルカ伝のマリアが神に感謝する祈り言葉がテキストに使われた祝祭的な曲で一部にオリジナルの聖歌が使われています。モルテン・シュルト=イェンセンの真摯かつ手慣れた指揮棒が、全曲を鮮やかに描きだします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。