ホーム > アルバム > 8.572204 リース:ピアノ・ソナタとソナチネ全集 3 - Op. 9, No. 2, Op. 26/夢 Op. 49 (カガン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572204
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
フェルディナント・リース Ferdinand Ries
アーティスト
スーザン・カガン Susan Kagan

リース:ピアノ・ソナタとソナチネ全集 3 - Op. 9, No. 2, Op. 26/夢 Op. 49 (カガン)

RIES, F.: Piano Sonatas and Sonatinas (Complete), Vol. 3 (Kagan) - Op. 9, No. 2 and Op. 26, "L'infortunee" / The Dream, Op. 49

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572204

全トラック選択/解除

フェルディナント・リース - Ferdinand Ries (1784-1838)

**:**
ピアノ・ソナタ ハ長調 Op. 9, No. 2

Piano Sonata in C Major, Op. 9, No. 2

録音: 9 April 2007, Kaufman Astoria Studios, Astoria, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358488
**:**
»  I. Andantino
1.

-

**:**
»  II. Allegro molto vivace
2.

-

**:**
»  III. Adagio con moto
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ 嬰ヘ短調 Op. 26

Piano Sonata in F-Sharp Minor, Op. 26, "L'infortunee"

録音: 9 April 2007, Kaufman Astoria Studios, Astoria, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358525
**:**
»  I. Adagio con espressione - Allegro molto agitato
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Presto
7.

-

 
**:**
夢 Op. 49
8.

The Dream, Op. 49

録音: 3 February 2007, Kaufman Astoria Studios, Astoria, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/358526
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
名ピアニストであり、ベートーヴェンの友人、そして伝記制作者として知られるフェルディナント・リースのピアノ・ソナタ集です。彼はクレメンティからハイドン、モーツァルトへとピアノ音楽が変遷していく中、独自の方法でピアノ・ソナタを作曲し始めました。彼の作風はそのままシューベルトやメンデルスゾーンなどのロマン派へと続いて行くものです。ハ長調のソナタは威厳のあるポロネーズで始まり、情緒的な第2楽章、悲痛な第3楽章を経て、快活な終楽章へと続きます。巧みな転調などは、古典派の作品には見られないものです。「不運」と題された嬰ヘ短調のソナタは、ベートーヴェンからの影響が見て取れます。第1楽章の構成などはほとんどそのまま「悲愴ソナタ」ですし、第2楽章にも第3楽章からも「ベートーヴェンらしさ」が漂います。ただ、リースはベートーヴェンほどの破壊力を持つことはなく、あくまでも上品な嘆きに留まってしまったところが不運だったと言えるでしょう。単一楽章で書かれた「夢」は6つの部分からなる事実上のソナタです。1813年に訪れたロンドンで自身の活動を広く知らしめるために書いた作品で、翌年に発表したところ大きな成功を収めることになりました。
レビュアー: 「運命と呼ばないで」担当 投稿日:2012/10/01
このアルバムに作品が収録されているフェルディナント・リースは、1784年にドイツ・ボンで生まれ、作曲家のみならずピアニスト、指揮者としても幅広く活躍した人物です。1801年にウィーンに渡り、同郷の先輩であるベートーヴェンにピアノを師事。晩年には、師ベートーヴェンに関するエピソードを綴った「覚書」を執筆しています。そこで描かれているのは、いかめしい巨匠というより、野心と茶目っ気にあふれたありのままのベートーヴェンの姿です。少年時代のリースや、彼の目を通して見たベートーヴェン像をもっと知りたい!という方に朗報。現在、ナクソス・ジャパン公式サイトにて、彼ら師弟のちょっぴりおかしな日常生活を描いた4コマ漫画「運命と呼ばないで」を連載しています。リースやベートーヴェンの音楽をNMLで聴きながら、ゆかいなエピソードの数々をお楽しみください。閲覧は完全無料、毎週木曜日更新です。WEB4コマ漫画「運命と呼ばないで」特設サイト http://naxos.jp/special/no_unmei

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。