ホーム > アルバム > 8.572222 フックス:セレナード第1番、第2番/アンダンテ・グラツィオーソとカプリッチョ Op. 63 (ケルン室内管/ル-トヴィヒ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572222
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ロベルト・フックス Robert Fuchs
アーティスト
ケルン室内管弦楽団 Cologne Chamber Orchestra , クリスティアン・ルートヴィヒ Christian Ludwig

フックス:セレナード第1番、第2番/アンダンテ・グラツィオーソとカプリッチョ Op. 63 (ケルン室内管/ル-トヴィヒ)

FUCHS, R.: Serenades Nos. 1 and 2 / Andante grazioso and Capriccio (Cologne Chamber Orchestra, C. Ludwig)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572222

全トラック選択/解除

ロベルト・フックス - Robert Fuchs (1847-1927)

**:**
セレナード第1番 ニ長調 Op. 9

Serenade No. 1 in D Major, Op. 9

録音: 11-15 November 2008, 6 March 2009, Deutschlandfunk, Sendesaal des Funkhauses, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/403332
**:**
»  I. Andante
1.

-

**:**
»  II. Tempo di menuetto
2.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
3.

-

**:**
»  IV. Adagio - Con molto espressione
4.

-

**:**
»  V. Finale: Allegro
5.

-

 
**:**
セレナード第2番 ハ長調 Op. 14

Serenade No. 2 in C Major, Op. 14

録音: 11-15 November 2008, 6 March 2009, Deutschlandfunk, Sendesaal des Funkhauses, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/403333
**:**
»  I. Allegretto
6.

-

**:**
»  II. Larghetto
7.

-

**:**
»  III. Allegro risoluto
8.

-

**:**
»  IV. Finale: Presto
9.

-

 
**:**
アンダンテ・グラツィオーソとカプリッチョ Op. 63

Andante grazioso and Capriccio, Op. 63

録音: 11-15 November 2008, 6 March 2009, Deutschlandfunk, Sendesaal des Funkhauses, Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/403334
**:**
»  Andante grazioso
10.

-

**:**
»  Capriccio
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/04/01
目の前に一瞬にして田園風景が広がるかのような、これらのセレナード。この曲を作曲したローベルト・フックス(1847-1927)は、ブラームスに大絶賛されたにも拘わらず、死後1年もしないうちにほとんど聴衆から忘れ去られてしまったと言います。確かに彼の作品は、その時代の潮流からは乗り遅れ、また同世代のブルックナーの影響(ワーグナーの流れ)も全く見いだせず、ただ単に「耳当たりの良い音楽」として評価されてしまったのは頷けます。しかし、教師としての腕は確かであり、彼の音楽は秘かに次世代の作曲家たち、マーラー、ツェムリンスキー、コルンゴルトへ受け継がれていったことは間違いありません。
レビュアー: Tossy 投稿日:2011/07/10
NMLにも収録されているヴォルフ=フェラーリのものなどLPの時代から有名、無名を問わず「弦楽セレナーデ」にぞっこんな私ですが、ロベルト・フックスの曲は初めて聞きました。でもなんだか初めてとは思えない懐かしさがあふれ、特に第1番は愛聴曲になりそうな気配です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。