ホーム > アルバム > 8.572224 ヘンデル:オラトリオ「アレクサンダーの饗宴」(ゼーマン/ショッホ/フランクフルト・バロック管/マルティーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572224
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel
作詞家
ジョン・ドライデン John Dryden , ニューバーグ・ハミルトン Newburgh Hamilton
アーティスト
クヌート・ショッホ Knut Schoch , ゲルリンデ・ゼーマン Gerlinde Saemann , フランクフルト・バロック管弦楽団 Frankfurt Baroque Orchestra , ヨアヒム・カルロス・マルティーニ Joachim Carlos Martini , クラウス・メルテンス Klaus Mertens , ユンゲ・カントライ Junge Kantorei

ヘンデル:オラトリオ「アレクサンダーの饗宴」(ゼーマン/ショッホ/フランクフルト・バロック管/マルティーニ)

HANDEL, G.F.: Alexander's Feast [Ode] (Samann, Schoch, Mertens, Junge Kantorei, Frankfurt Baroque Orchestra, Martini)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572224

全トラック選択/解除

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
オラトリオ「アレグザンダーの饗宴」 HWV 75

Alexander's Feast, HWV 75

録音: 11 May 2008, Basilika Kloster Eberbach, Rheingau, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/377822
**:**
»  Part 1: Overture
1.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: 'Twas at the royal feast (Tenor)
2.

-

**:**
»  Part I: Air: Happy, happy, happy pair (Tenor, Chorus)
3.

-

**:**
»  Part I: Recitative: Timotheus, plac'd on high (Tenor)
4.

-

**:**
»  Part 1: Accompagnato: The song began from Jove (Soprano)
5.

-

**:**
»  Part 1: The list'ning Crowd (Chorus)
6.

-

**:**
»  Part 1: Air: With ravish'd ears (Soprano)
7.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: The praise of Bacchus (Tenor)
8.

-

**:**
»  Part 1: Air and Chorus: Bacchus, ever fair and young (Bass and Chorus)
9.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: Sooth'd with the sound (Tenor)
10.

-

**:**
»  Part 1: Accompagnato: He chose a mournful muse (Soprano)
11.

-

**:**
»  Part 1: Air: He sung Darius great and good (Soprano)
12.

-

**:**
»  Part 1: Accompagnato: With downcast looks (Soprano)
13.

-

**:**
»  Part 1: Behold Darius great and good (Chorus)
14.

-

**:**
»  Part 1: Recitative: The mighty master smil'd to see (Tenor)
15.

-

**:**
»  Part 1: Air: Softly sweet (Soprano)
16.

-

**:**
»  Part 1: Air: War, he sung, is toil and trouble (Soprano)
17.

-

**:**
»  Part 1: The many rend the skies (Chorus)
18.

-

**:**
»  Part 1: Air: The Prince, unable to conceal his pain (Soprano)
19.

-

**:**
»  Part 1: The many rend the skies (Chorus)
20.

-

**:**
»  Part 2: Accompagnato and Chorus: Now strike the golden lyre (Tenor and Chorus)
21.

-

**:**
»  Part 2: Air: Revenge, revenge, Timotheus cries (Bass)
22.

-

**:**
»  Part 2: Accompagnato: Give the vengeance due (Tenor)
23.

-

**:**
»  Part 2: Air: The princes applaud with a furious joy (Tenor)
24.

-

**:**
»  Part 2: Air and Chorus: Thais led the way (Soprano and Chorus)
25.

-

**:**
»  Part 2: Accompagnato and Chorus: Thus, long ago (Tenor)
26.

-

**:**
»  Part 2: Recitative: Let old Timotheus yield the prize (Tenor and Bass)
27.

-

**:**
»  Part 2: Let old Timotheus yield the prize (Chorus)
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
ヘンデルは晩年になって精力的にオラトリオを作曲しました。この「アレクサンダーの饗宴」もそんな中のひとつです。この作品は1736年ロンドンで初演された時、1300人もの観客が大興奮したというもので、1697年ドライデンが書いたアレクサンダー大王を讃える詩が元になっています。愛と戦い、そして祝宴。これらが見事に音で表現された華やかなオラトリオです。しかし現代では、その幕間に演奏された合奏協奏曲ばかりが有名で、本来のオラトリオが演奏されることはほとんどなくなってしまいました。初演時、ヘンデルは理想的なソプラノ歌手を得るためにイギリス中を探しまわり、結果、見つけたのはアンナ・マリア・ストラーダ(ルール・ブリタニアを作曲したトマス・アーンの未来の妻)で、彼女はこの公演の成功に大きく貢献しました。このアルバムには合奏協奏曲は含まれていませんが、その曲は8.550158で聴くことができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。