ホーム > アルバム > 8.572265 ペロタン/レオナン:声楽アンサンブル作品集(ムジカ・フィクタ/ホルテン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572265
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
不詳 Anonymous , ペロタン Pérotin, , レオナン Léonin,
作詞家
フィリップ・ル・シャンスリエ Philippe le Chancelier , 不詳 Anonymous
アーティスト
アンネ=クリスティ-ネ・ヴェッサー・アンゲルス Anne-Christine Wesser Ingels , エイミー・ヴェスタボ Amy Vestbo , エリザベス・オルスナス Elisabeth Orsnaes , スザンナ・カールソン Susannah Carlsson , リー・コッホ Rie Koch , マレーネ・ネアトルプ Malene Nordtorp , ボー・ホルテン Bo Holten , ムジカ・フィクタ Musica Ficta , ヘレン・ロッシル Helen Rossil , リネア・ロンホルト Linnea Lomholt

ペロタン/レオナン:声楽アンサンブル作品集(ムジカ・フィクタ/ホルテン)

Vocal Ensemble Music - SEIZED BY SWEET DESIRE - Singing Nuns and Ladies, From the Cathedral to the Bed Chamber (Musica Ficta, Holten)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572265

全トラック選択/解除

ペロタン - Pérotin, (1180-1225)

**:**
アレルヤ、われは援助を与え
1.

Alleluia / Posui adiutorium

録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342500
 
**:**
地上のすべての国々は
2.

Viderunt omnes

録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342527

不詳 - Anonymous

**:**
A vos vieg, chevalier sire / Et Florebit
3.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342637
 
**:**
Je sui jonete / He Diex! je n'ai pas mari / Veritatem
4.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342638
 
**:**
Soufres, maris, et si ne vous anuit
5.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342639
 
**:**
S'on me regarde / Prenes I garde / He! Mi Enfant
6.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342640
 
**:**
Cil bruns ne me meine mie / In Seculum
7.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342641
 
**:**
Nus ne mi pourroit / Nonne sui, nonne, laissier / Aptatur
8.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342643
 
**:**
Joliement en douce / Quant voi la florete / Je sui joliete / Aptatur
9.
録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342672

ペロタン - Pérotin, (1180-1225)

**:**
王たちは座り
10.

Sederunt principes

録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342773

不詳 - Anonymous

**:**
クラウズラ「死は」
11.

Mors (clausula)

録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342799

レオナン - Léonin, (1150-1201)

**:**
われ汝を遣わして孤児とはせず
12.

Non vos relinquam - Homo quo vigeas

録音: 1-3 March 2005, St Paul's Church, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/342800
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
女性作曲家、演奏家が注目されはじめたのは20世紀になってから。それまでは、よほどの事がない限り、どんなに才能があった女性がいたとしても、その才能は過小評価され、埋もれてしまったのです。特に中世は教会でも俗世でも男性が中心。女性が活躍する場はほとんど与えられていませんでした。しかし、ノートルダムの宗教曲レパートリーにも、吟遊詩人たちの歌の中にも女声にふさわしいものが数多くありましたし、歌詞の内容も女性たちの切実な願望が隠されているものがたくさんあるのです。そうです!女性たちが歌っていなかったはずはありません。通常耳にする男性の裏声とは違う、切れ味鋭い女声のアンサンブルは、体の芯を心地良く刺激してくれるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。