ホーム > アルバム > 8.572266 タンスマン:24の間奏曲/小組曲/即興的ワルツ(レイエ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572266
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アレクサンドル・タンスマン Alexandre Tansman
アーティスト
エリアンヌ・レイエ Eliane Reyes

タンスマン:24の間奏曲/小組曲/即興的ワルツ(レイエ)

TANSMAN, A.: 24 Intermezzi / Petite Suite (Reyes)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572266

全トラック選択/解除

アレクサンドル・タンスマン - Alexandre Tansman (1897-1986)

**:**
24の間奏曲

24 Intermezzi

録音: December 2009, Recital Studio B, Liege, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/736669
**:**
»  Book 1: No. 1. Allegro con moto
1.

-

**:**
»  Book 1: No. 2. Adagio sostenuto
2.

-

**:**
»  Book 1: No. 3. Allegretto grazioso
3.

-

**:**
»  Book 1: No. 4. Allegro con moto
4.

-

**:**
»  Book 1: No. 5. Andante cantabile
5.

-

**:**
»  Book 1: No. 6. Allegro deciso
6.

-

**:**
»  Book 2: No. 7. Moderato
7.

-

**:**
»  Book 2: No. 8. Allegro capriccioso
8.

-

**:**
»  Book 2: No. 9. Andante cantabile
9.

-

**:**
»  Book 2: No. 10. Allegro scherzando
10.

-

**:**
»  Book 2: No. 11. Sostenuto
11.

-

**:**
»  Book 2: No. 12. Allegro barbaro (Tempo di marcia)
12.

-

**:**
»  Book 3: No. 13. Moderato
13.

-

**:**
»  Book 3: No. 14. Allegro con moto
14.

-

**:**
»  Book 3: No. 15. Andante cantabile
15.

-

**:**
»  Book 3: No. 16. Allegro comodo
16.

-

**:**
»  Book 3: No. 17. Moderato
17.

-

**:**
»  Book 3: No. 18. Allegro agitato
18.

-

**:**
»  Book 4: No. 19. Moderato
19.

-

**:**
»  Book 4: No. 20. Allegro molto ritmato
20.

-

**:**
»  Book 4: No. 21. Adagio lamentoso
21.

-

**:**
»  Book 4: No. 22. Allegro scherzando
22.

-

**:**
»  Book 4: No. 23. Allegretto grazioso, "Hommage a Brahms"
23.

-

**:**
»  Book 4: No. 24. Andante cantabile
24.

-

 
**:**
小組曲

Petite Suite

録音: February 2010, Recital Studio B, Liege, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/736672
**:**
»  I. Vision
25.

-

**:**
»  II. Berceuse
26.

-

**:**
»  III. Meditation
27.

-

**:**
»  IV. Petite Chanson polonaise
28.

-

**:**
»  V. Plainte orientale
29.

-

**:**
»  VI. Caprice
30.

-

**:**
»  VII. Scherzino
31.

-

 
**:**
即興的ワルツ
32.

Valse-impromptu

録音: February 2010, Recital Studio B, Liege, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/736673
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/12/01
ポーランドに生まれ、パリに移住した作曲家タンスマン。彼はポーランドで学んだ後、フランスに移住。当時の保守的なポーランドの音楽環境を離れたことや、ラヴェルやストラヴィンスキーに影響されたことで、その創造性を自由に発揮し次々に活躍の場を広げていきます。パリにいた時は、「フランス六人組」に参加するように説得されたほど(断ったそうです)、フランスに馴染んだのですが、彼自身は自らを「ポーランドの作曲家」と呼んでいました。しかし、ユダヤの血をひいていたため、迫害を逃れ1941年にアメリカ合衆国に亡命。終戦後はパリに戻ったものの、当時流行していた前衛音楽になじむことができず、次第にその創作能力は衰えてしまったのです。このアルバムに収録されているのは彼の全盛期に書かれたピアノ曲です。極めて精緻に書かれた24の間奏曲、そして表情豊かな小組曲、しゃれた雰囲気を湛えたワルツ、と、彼の実力が存分に発揮された色とりどりの作品集をお聴きください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。