ホーム > アルバム > 8.572288 バークリー:室内楽作品集 - ホルン三重奏曲/フルート・ソナチネ/ヴィオラ・ソナタ/ピアノ五重奏曲(ニュー・ロンドン・チェンバー・アンサンブル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572288
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
レノックス・バークリー Lennox Berkeley
アーティスト
パトリック・ウィリアムズ Patrick Williams , モーガン・ゴフ Morgan Goff , スティーヴン・スターリング Stephen Stirling , スーザン・スタンツェライト Susanne Stanzeleit , ラファエル・テッローニ Raphael Terroni , ニュー・ロンドン・チェンバー・アンサンブルのメンバー New London Chamber Ensemble, members

バークリー:室内楽作品集 - ホルン三重奏曲/フルート・ソナチネ/ヴィオラ・ソナタ/ピアノ五重奏曲(ニュー・ロンドン・チェンバー・アンサンブル)

BERKELEY, L.: Chamber Music - Horn Trio / Flute Sonatina / Viola Sonata / Piano Quintet (New London Chamber Ensemble)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572288

全トラック選択/解除

レノックス・バークリー - Lennox Berkeley (1903-1989)

**:**
ホルン三重奏曲 Op. 44

Trio for Violin, Horn and Piano, Op. 44

録音: 6-8 May 2009, St Paul's, Southgate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9509809
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Lento
2.

-

**:**
»  III. Tema con variazioni
3.

-

 
**:**
フルート・ソナチネ Op. 13

Flute Sonatina, Op. 13

録音: 6-8 May 2009, St Paul's, Southgate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9509810
**:**
»  I. Moderato
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegro moderato
6.

-

 
**:**
Viola Sonata in D Minor, Op. 22

録音: 6-8 May 2009, St Paul's, Southgate, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9509811
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
7.

-

**:**
»  II. Adagio
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

 
**:**
ピアノ五重奏曲 Op. 90

Piano Quintet, Op. 90

録音: 6-8 May 2009, St Paul's, Southgate, London
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/9509812
**:**
»  I. Andante - Allegro
10.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro vivace
11.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Andante
12.

-

**:**
»  IV. Allegretto
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2010/06/01
オックスフォード出身の作曲家、レノックス・バークリー(息子のマイケルも作曲家)は、生涯に100以上のほとんど全てのジャンルに渡る作品を書き、イギリス近現代音楽の発展に寄与しました。少々地味な作風のせいか、あまり聴かれる機会は多くありませんが、ここに収録されたホルン三重奏曲は、彼の代表作として時折演奏されています。名ホルン奏者、デニス・プレインのために書かれたこの作品は、聴いてみるとわかるとおりなかなかの充実した音楽で、友好的なテーマで始まる第1楽章、哀切な第2楽章、そしてモーツァルト風の主題が様々に変奏されていく第3楽章、と一切ムダのない凝縮された書法で書かれています。晩年に書かれたピアノ五重奏曲は、この頃の彼が十二音技法を採用していたこともあり、極めて難解な音に終始していますが、絡み合う各楽器のメロディにはどことなく解放感もあり、なかなか侮れない音楽となっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。