ホーム > アルバム > 8.572316 ブリス:ジョン・ブロウの主題による瞑想曲/メタモルフォーゼ変奏曲(ボーンマス響/ロイド=ジョーンズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572316
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アーサー・ブリス Arthur Bliss
アーティスト
ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra , デイヴィッド・ロイド=ジョーンズ David Lloyd-Jones

ブリス:ジョン・ブロウの主題による瞑想曲/メタモルフォーゼ変奏曲(ボーンマス響/ロイド=ジョーンズ)

BLISS, A.: Meditations on a Theme by John Blow / Metamorphic Variations (Bournemouth Symphony, Lloyd-Jones)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572316

全トラック選択/解除

アーサー・ブリス - Arthur Bliss (1891-1975)

**:**
ジョン・ブロウの主題による瞑想曲

Meditations on a Theme by John Blow

録音: 11-12 May 2009, Concert Hall, The Lighthouse, Poole, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/404267
**:**
»  Introduction: The Lord is my Shepherd - I will fear no evil
1.

-

**:**
»  Meditation I: He leadeth me beside the still waters
2.

-

**:**
»  Meditation II: Thy rod and staff they comfort me
3.

-

**:**
»  Meditation III: Lambs
4.

-

**:**
»  Meditation IV: He restoreth my soul
5.

-

**:**
»  Meditation V: In green pastures
6.

-

**:**
»  Interlude: Through the valley of the shadow of death
7.

-

**:**
»  Finale: In the house of the Lord
8.

-

 
**:**
メタモルフォーゼ変奏曲

Metamorphic Variations

録音: 11-12 May 2009, Concert Hall, The Lighthouse, Poole, Dorset, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/404268
**:**
»  Variation 1: Elements
9.

-

**:**
»  Variation 2: Ballet
10.

-

**:**
»  Variation 3: Assertion
11.

-

**:**
»  Variation 4: Speculation
12.

-

**:**
»  Variation 5: Interjections
13.

-

**:**
»  Variation 6: Scherzo I
14.

-

**:**
»  Variation 7: Contemplation
15.

-

**:**
»  Variation 8: Polonaise
16.

-

**:**
»  Variation 9: Funeral Processions
17.

-

**:**
»  Variation 10: Cool Interlude
18.

-

**:**
»  Variation 11: Scherzo II
19.

-

**:**
»  Variation 12: Duet
20.

-

**:**
»  Variation 13: Dedicated to G.D. and A.D.
21.

-

**:**
»  Variation 14: Affirmation
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
「色彩交響曲」で知られるイギリスの作曲家、ブリスの渾身の大作です。1955年にヴァーノン・ハンドリーの指揮するロンドン交響楽団によって初演されています。彼の親友ジョージ・ダンナットが描いた3枚の連作絵画から触発された作品で、凝った管弦楽法も素晴らしく、巨大な力と情熱にもみくちゃにされる素晴らしい音楽です。各々の曲には聖書からの言葉がタイトルとして付けられていますが、本当は極めて個人的な思いに満ちたもの。第1次世界大戦で失われた若き命への個人的な賛辞(自らの兄弟も含まれます)が溢れています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。