ホーム > アルバム > 8.572336 ショパン:ピアノ協奏曲第2番/「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」による変奏曲/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(ネボルシン/ワルシャワ・フィル/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572336
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
フレデリック・ショパン Fryderyk Chopin
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , エルダー・ネボルシン Eldar Nebolsin , ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw Philharmonic Orchestra

ショパン:ピアノ協奏曲第2番/「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」による変奏曲/アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ(ネボルシン/ワルシャワ・フィル/ヴィト)

CHOPIN, F.: Piano Concerto No. 2 / Variations on La ci darem / Andante spianato and Grande polonaise brillante (Nebolsin, Warsaw Philharmonic, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572336

全トラック選択/解除

フレデリック・ショパン - Fryderyk Chopin (1810-1849)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 Op. 21

Piano Concerto No. 2 in F Minor, Op. 21

録音: 1-5 September 2009, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/398109
**:**
»  I. Maestoso
1.

-

**:**
»  II. Larghetto
2.

-

**:**
»  III. Allegretto vivace
3.

-

 
**:**
「ドン・ジョヴァンニ」の「お手をどうぞ」による変奏曲 変ロ長調 Op. 2

Variations on La ci darem from Mozart's Don Giovanni, Op. 2

録音: 1-5 September 2009, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/398115
**:**
»  Introduction: Largo
4.

-

**:**
»  Theme: Allegretto
5.

-

**:**
»  Variation 1: Brillante
6.

-

**:**
»  Variation 2: Veloce, ma accuratamente
7.

-

**:**
»  Variation 3: Sempre sostenuto
8.

-

**:**
»  Variation 4: Con bravura
9.

-

**:**
»  Variation 5: Adagio
10.

-

**:**
»  Alla polacca
11.

-

 
**:**
アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ Op. 22

Andante spianato and Grande polonaise brillante in E-Flat Major, Op. 22

録音: 1-5 September 2009, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/398116
**:**
»  Andante spianato
12.

-

**:**
»  Grande polonaise brillante
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/09/01
第1番(8.572335)に続く、ショパンの新原典版による第2番の協奏曲です。こちらも、演奏者はヴィトとネボルシン。既存の版との聴き比べも楽しいですし、ただただ演奏に浸るのもいいでしょう。ヴィトはショパンのスコアを、まるでマーラーのように重厚に響かせ、聴き手に多大なる満足を与えてくれます。カップリングの2曲も素晴らしい演奏。どうしても技術面が空回りしがちな初期の作品が、堂々とした名曲として立ち現れます。「アンダンテ・スピアナートと華麗なるポロネーズ」のオーケストラパートも、占める割合は少ないとは言え、強烈な存在感を示しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。