ホーム > アルバム > 8.572359 マクスウェル・デイヴィス:黒いペンテコステ/石の連祷(ジョーンズ/ ウィルソン・ジョンソン/BBCフィル/マクスウェル・デイヴィス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572359
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ピーター・マクスウェル・デイヴィス Peter Maxwell Davies
作詞家
不詳 Anonymous , ジョージ・マッカイ・ブラウン George Mackay Brown
アーティスト
BBCフィルハーモニー管弦楽団 BBC Philharmonic Orchestra , ディヴィッド・ウィルソン=ジョンソン David Wilson-Johnson , デッラ・ジョーンズ Della Jones , ピーター・マクスウェル・デイヴィス Peter Maxwell Davies

マクスウェル・デイヴィス:黒いペンテコステ/石の連祷(ジョーンズ/ ウィルソン・ジョンソン/BBCフィル/マクスウェル・デイヴィス)

MAXWELL DAVIES, P.: Black Pentecost / Stone Litany (D. Jones, Wilson-Johnson, BBC Philharmonic, Maxwell Davies)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572359

全トラック選択/解除

ピーター・マクスウェル・デイヴィス - Peter Maxwell Davies (1934-2016)

**:**
黒いペンテコステ

Black Pentecost

録音: September 1992, Studio 7, New Broadcasting House, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3716912
**:**
»  I. Adagio - Allegro molto
1.

-

**:**
»  II. Black Star, Operation Black Star was how they described it
2.

-

**:**
»  III. Bella Budge presided over a diminishing republic of hens
3.

-

**:**
»  IV. It is a pity that the whole life and economy of the island…
4.

-

 
**:**
石の連祷 - 死の家の呪文

Stone Litany: Runes from a House of the Dead

録音: September 1992, Studio 7, New Broadcasting House, Manchester, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3716914
**:**
»  Molto lento - Andante -
5.

-

**:**
»  The Runic Alphabet: Recitativo lento -
6.

-

**:**
»  Allegretto -
7.

-

**:**
»  Ingibjorg the fair widow: Andante flessibile -
8.

-

**:**
»  Allegro molto -
9.

-

**:**
»  Lothbrokar's sons: Moderato -
10.

-

**:**
»  Max the Mighty: Recitativo lento molto flessibile
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/08/01
21世紀におけるイギリスの作曲家の中で、最も尊敬されている人…それはこのマクスウェル・デイヴィス(1934-)かも知れません。彼は前衛的な世代でも抜きん出た才能を持っていますが、同時に過去の大作曲家、エルガー、ティペットやブリテンらの正統的な後継者としての一面も有しています。彼は45年近くもオークニー諸島に住み、ここの風景に触発され、難解でありながらも素晴らしい作品を書き続けています。「黒いペンテコステ」は、同じく彼の作品である「イエローケーキ」と同じく環境破壊についての熱の篭った嘆願であり、マーラーの「大地の歌」やツェムリンスキーの「叙情交響曲」と同じラインにある作品と位置づけてもよいのかもしれません。曲はサイモン・ラトルとフィルハーモニア管によって1982年に初演されています。各楽器の色彩的な音色とメゾ・ソプラノによる歌唱は衝撃的でもあり感傷的でもあります。「石の連投」もやはりオークニー諸島の物語。新石器時代の古墳の壁に刻まれた碑文-ヴァイキングの略奪-に触発された、幽玄な風景を連想させる不思議な曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。