ホーム > アルバム > 8.572366 ソーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集(ウィアンコ/ヴァインシュテイン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572366
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
エミール・ソーレ Émile Sauret
アーティスト
ディーナ・ヴァインシュテイン Dina Vainshtein , ミチ・ウィアンコ Michi Wiancko

ソーレ:ヴァイオリンとピアノのための作品集(ウィアンコ/ヴァインシュテイン)

SAURET, É.: Violin and Piano Music - Scenes villageoises / Souvenir d'Orient / Souvenir de Los Angeles (Wiancko, Vainshtein)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572366

全トラック選択/解除

エミール・ソーレ - Émile Sauret (1852-1920)

**:**
村人たちの情景 Op. 50

Scenes Villageoises, Op. 50

録音: 1-2 June 2009, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Corporation, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/399636
**:**
»  I. Le Matin
1.

-

**:**
»  II. Pastorale
2.

-

**:**
»  III. Vieille chanson
3.

-

**:**
»  IV. Danse
4.

-

 
**:**
ロサンゼルスの思い出 Op. 11
5.

Souvenir de Los Angeles, Op. 11

録音: 1-2 June 2009, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Corporation, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1080117
 
**:**
東洋の思い出 Op. 63

Souvenir d'Orient, Op. 63

録音: 1-2 June 2009, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Corporation, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1080118
**:**
»  I. Souvenir de Constantinople
6.

-

**:**
»  II. Danse
7.

-

**:**
»  III. Ronde
8.

-

**:**
»  IV. La Revue
9.

-

**:**
»  V. Gondoliera
10.

-

**:**
»  VI. A Pera
11.

-

 
**:**
蝶々
12.

Farfalla

録音: 1-2 June 2009, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Corporation, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1080119
 
**:**
幻想的スケルツォ Op. 9
13.

Scherzo Fantastique, Op. 9

録音: 1-2 June 2009, Glenn Gould Studio, Canadian Broadcasting Corporation, Toronto, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1080120
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/07/01
フランスに生まれ、8 歳から、フランス国内だけでなくイギリス、ドイツ、オーストリア、イタリアで演奏活動を行い、20 歳の時にアメリカ合衆国でデビューしたという神童ヴァイオリニスト、エミール・ソーレ(1852-1920)。彼はシャルル・ド・ベリオに学んだという記録はあるものの、学校で特別な教育を受けたことはほどんどありません。アメリカで、ベネズエラのピアニスト、テレサ・カレーニョと結婚しますが、2 年で離婚。その後は様々な国で教鞭を取りつつ、最後はロンドンで定住しました。100 曲以上のヴァイオリン曲を書き、そのどれもが色彩的で、微妙な陰影に満ちています。クライスラーのように底抜けな派手ではなく、もっと内省的で粘りのある音楽です。カリフォルニア出身の実力派ヴァイオリニスト、美智・ウィアンコによる情熱的な演奏は、この知られざる作曲家にくまなく光を当てます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。