ホーム > アルバム > 8.572402 タンスマン:クラリネット協奏曲/オーボエ、クラリネットと弦楽のためのコンチェルティーノ/6つの楽章(フェサール/デッカー/シレジア室内管/ブワスチク)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572402
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アレクサンドル・タンスマン Alexandre Tansman
アーティスト
シレジア室内管弦楽団 Silesian Chamber Orchestra , ローrナン・デッカー Laurent Decker , ジャン=マルク・フサール Jean-Marc Fessard , ミロスラフ・ヤチェク・ブワシュチク Miroslaw Jacek Blaszczyk

タンスマン:クラリネット協奏曲/オーボエ、クラリネットと弦楽のためのコンチェルティーノ/6つの楽章(フェサール/デッカー/シレジア室内管/ブワスチク)

TANSMAN, A.: Clarinet Concerto / Concertino / 6 Movements for Strings (Fessard, Decker, Silesian Chamber Orchestra, Blaszczyk)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572402

全トラック選択/解除

アレクサンドル・タンスマン - Alexandre Tansman (1897-1986)

**:**
クラリネット協奏曲

Clarinet Concerto

録音: 24 June 2009, Silesian Philharmonic, Karol Stryja Hall, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/408226
**:**
»  I. Introduction et allegro
1.

-

**:**
»  II. Arioso
2.

-

**:**
»  III. Cadenza et danza populare (Alla polacca)
3.

-

 
**:**
オーボエ、クラリネットと弦楽のためのコンチェルティーノ

Concertino for Oboe, Clarinet and Strings

録音: 23 June 2009, Silesian Philharmonic, Karol Stryja Hall, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/408227
**:**
»  I. Ouverture
4.

-

**:**
»  II. Dialogue
5.

-

**:**
»  III. Scherzo
6.

-

**:**
»  IV. Elegie
7.

-

**:**
»  V. Canon - Elegie
8.

-

**:**
»  VI. Final
9.

-

 
**:**
弦楽のための6つの楽章

6 Movements for Strings

録音: 26-28 August 2009, Silesian Philharmonic, Karol Stryja Hall, Katowice, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/408228
**:**
»  No. 1. Introduzione et Allegro giocoso
10.

-

**:**
»  No. 2. Dirge
11.

-

**:**
»  No. 3. Perpetuum mobile
12.

-

**:**
»  No. 4. Intermezzo
13.

-

**:**
»  No. 5. Scherzino
14.

-

**:**
»  No. 6. Fuga
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
ポーランド生まれでパリに定住、第2次世界大戦中はアメリカで活動し、また終戦後にパリに戻った作曲家タンスマン(1897-1986)。彼の作風は基本的に新古典主義ですが、晩年になるにつれてポーランドの民族意識が強く全面に押し出されるようになりました。このアルバムに収録されているのは彼の円熟期の作品で、フランス風の柔らかい楽想と、民謡風の和声が聞こえてくる独自の世界観を有したものです。クラリネット協奏曲の流麗な旋律美、そして終楽章に使われるポーランド舞曲は耳を捉えて離しません。また、極めて精緻に書かれた「弦楽のための6つの楽章」での有機的に結びついた各々の部分は、この作曲家の飽くなき探求心を物語るかのようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。