ホーム > アルバム > 8.572411 ペトラッシ:ディヴェルティメント/パルティータ/聖歌四篇/コーロ・デイ・モルティ(ローマ響/ラ・ヴェッキア)

ペトラッシ:ディヴェルティメント/パルティータ/聖歌四篇/コーロ・デイ・モルティ(ローマ響/ラ・ヴェッキア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572411
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
ゴッフレード・ペトラッシ Goffredo Petrassi
作詞家
不詳 Anonymous , ジャコモ・レオパルディ Giacomo Leopardi
アーティスト
コーロ・リリコ・シンフォニコ・ロマーノ Coro Lirico Sinfonico Romano , カルロ・プテッリ Carlo Putelli , ダヴィデ・マルヴェスティオ Davide Malvestio , フランチェスコ・ラ・ヴェッキア Francesco La Vecchia , ローマ交響楽団 Rome Symphony Orchestra

ペトラッシ:ディヴェルティメント/パルティータ/聖歌四篇/コーロ・デイ・モルティ(ローマ響/ラ・ヴェッキア)

PETRASSI, G.: Partita / Divertimento / 4 inni sacri / Coro di morti (Rome Symphony, La Vecchia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572411

全トラック選択/解除

ゴッフレード・ペトラッシ - Goffredo Petrassi (1904-2003)

**:**
ディヴェルティメント ハ長調

Divertimento in C Major

録音: 26, 27 February 2012, Auditorium di Via Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2359890
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Caccia: Andante
2.

-

**:**
»  III. Pavana
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
パルティータ

Partita

録音: 18, 19 March 2007, Auditorium di Via Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2664489
**:**
»  I. Gagliarda
5.

-

**:**
»  II. Ciaccona
6.

-

**:**
»  III. Giga
7.

-

 
**:**
聖歌四篇

4 inni sacri (version for tenor, baritone and orchestra)

録音: 27, 28 November 2011, Auditorium di Via Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2664490
**:**
»  No. 1. Jesus dulcis memoria
8.

-

**:**
»  No. 2. Te lucis ante terminum
9.

-

**:**
»  No. 3. Lucis creator optime
10.

-

**:**
»  No. 4. Salvete Christi vulnera
11.

-

 
**:**
コーロ・デイ・モルティ
12.

Coro di morti

録音: 27, 28 November 2011, Auditorium di Via Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2664491
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/01
最近人気のカゼッラやピツェッティより少し後の世代に属するイタリアの作曲家ペトラッシ(1904-2003)。新古典派主義の影響をもろに受けた初期の作品は極めて旋律的ですが、その後無調や十二音技法を用いた作風へと移行し、これらを丹念に融合した独自の音楽を多く発表した人です。指揮者としても活躍し、1959年には来日もしています。長い生涯を送ったことや、新古典主義から十二音を使ったことなど、ストラヴィンスキーとの共通点も多く指摘されますが、ここでは1930年代から40年代の彼の作品に焦点を合わせることで、彼の創作の出発点を探ることにしましょう。とりわけ有名な「死者の合唱」は神秘的な美しさを備えた名曲です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。