ホーム > アルバム > 8.572416 カゼッラ:五月の夕べ/チェロ協奏曲/スカルラッティアーナ(アンドレイニ/ノフェリーニ/ユ・ソンヒ/ローマ響/ラ・ヴェッキア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572416
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アルフレード・カゼッラ Alfredo Casella
作詞家
ジョズエ・カルドゥッチ Giosue Carducci
アーティスト
オリヴィア・アンドレイニ Olivia Andreini , アンドレア・ノフェリーニ Andrea Noferini , ユ・ソンヒ Sun Hee You , フランチェスコ・ラ・ヴェッキア Francesco La Vecchia , ローマ交響楽団 Orchestra Sinfonica di Roma

カゼッラ:五月の夕べ/チェロ協奏曲/スカルラッティアーナ(アンドレイニ/ノフェリーニ/ユ・ソンヒ/ローマ響/ラ・ヴェッキア)

CASELLA, A.: Notte di maggio / Cello Concerto / Scarlattiana (Andreini, Noferini, Sun-Hee You, Rome Symphony, La Vecchia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572416

全トラック選択/解除

アルフレード・カゼッラ - Alfredo Casella (1883-1947)

**:**
五月の夜 Op. 20
1.

Notte di maggio, Op. 20

録音: 25-26 November 2007, Auditorium Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/396603
 
**:**
チェロ協奏曲 Op. 58

Cello Concerto, Op. 58

録音: 23-24 October 2008, Orchestra Sinfonica di Roma Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/625360
**:**
»  I. Allegro molto vivace
2.

-

**:**
»  II. Largo - Grave
3.

-

**:**
»  III. Presto vivacissimo
4.

-

 
**:**
スカルラッティナーナ Op. 44

Scarlattiana, Op. 44

録音: 13-14 July 2009, Orchestra Sinfonica di Roma Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/625361
**:**
»  I. Sinfonia: Lento grave, allegro molto vivace
5.

-

**:**
»  II. Minuetto: Allegretto ben moderato e grazioso
6.

-

**:**
»  III. Capriccio: Allegro vivacissimo e impetuoso
7.

-

**:**
»  IV. Pastorale: Andantino dolcemente mosso
8.

-

**:**
»  V. Finale: Lento molto e grave
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Nimrod 投稿日:2011/04/05
スカルラッティナーナは実にチャーミングでイタリアの新古典主義に相応しい作品だと思います。各楽章の性格も実に明確でわかりやすい。同世代のメジャーなレスピーギには知名度では及びませんが、レスピーギとは異なる彼独自のウィットに富んだ作風はリズミカルでスパイスの利いた響きはイタリアにカゼッラありと言わしめるでことしょう。
レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2013/02/26
NAXOSレーベルが力を注ぐ、アルフレード・カゼッラの作品集。今回は声楽曲とチェロ協奏曲、そして彼が研究していたスカルラッティの音楽に基づいた管弦楽作品と、広範囲に渡る曲を収録しました。「5月の夜」はストラヴィンスキーの「春の祭典」に触発されて書かれた作品で、不可解な月の光が広がる夜から、光溢れる夜明けまでを入念に描いています。同じくストラヴィンスキーのプルチネルラを思わせる「スカルラッティアーナ」、タイトルこそは付されていないものの、新古典主義的な音の動きを持つ1934年に書かれたチェロ協奏曲、と、カゼッラが目指した音楽の方向が見えるような曲ばかりが選ばれています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。