ホーム > アルバム > 8.572427 J.S. バッハ:パルティータ第2番/リュート組曲 ハ短調/前奏曲、フーガとアレグロ(ギター編)(ペロワ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572427
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ Johann Sebastian Bach
編曲者
ジュディカエル・ペロワ Judicael Perroy , ティルマン・ホップストック Tilman Hoppstock , トリスタン・マヌーキアン Tristan Manoukian
アーティスト
ジュディカエル・ペロワ Judicael Perroy

J.S. バッハ:パルティータ第2番/リュート組曲 ハ短調/前奏曲、フーガとアレグロ(ギター編)(ペロワ)

BACH, J.S.: Guitar Transcriptions - Partita No. 2, BWV 826 / Lute Partita, BWV 997 / Prelude, Fugue and Allegro, BWV 998 (Perroy)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572427

全トラック選択/解除

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ - Johann Sebastian Bach (1685-1750)

**:**
パルティータ第2番 ハ短調 BWV 826 (T. マヌーキアンによるギター編)

Partita No. 2 in C Minor, BWV 826 (arr. T. Manoukian for guitar)

録音: 22-25 April 2010, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/986260
**:**
»  I. Sinfonia
1.

-

**:**
»  II. Allemande
2.

-

**:**
»  III. Courante
3.

-

**:**
»  IV. Sarabande
4.

-

**:**
»  V. Rondeaux
5.

-

**:**
»  VI. Capriccio
6.

-

 
**:**
リュート組曲(パルティータ) ハ短調 BWV 997 (ギター編)

Lute Partita in C Minor, BWV 997 (arr. T. Hoppstock for guitar)

録音: 22-25 April 2010, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1602071
**:**
»  I. Prelude
7.

-

**:**
»  II. Fugue
8.

-

**:**
»  III. Sarabande
9.

-

**:**
»  IV. Gigue
10.

-

 
**:**
前奏曲、フーガとアレグロ 変ホ長調 BWV 998 (T. ホップストックギター編)

Prelude, Fugue and Allegro in E-Flat Major, BWV 998 (arr. T. Hoppstock for guitar)

録音: 22-25 April 2010, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1602072
**:**
»  Prelude
11.

-

**:**
»  Fugue
12.

-

**:**
»  Allegro
13.

-

 
**:**
協奏曲 ニ長調 BWV 972 (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲 ニ長調 RV 230)

Keyboard Concerto in D Major, BWV 972 (arr. J. Perroy for guitar)

録音: 22-25 April 2010, St. John Chrysostom Church, Newmarket, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1602073
**:**
»  I. [Allegro]
14.

-

**:**
»  II. Larghetto
15.

-

**:**
»  III. [Allegro]
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
J.S.バッハの作品はその限りない可能性に惹かれるのか、数多くの作曲家たちによって様々な編曲が試みられています。ギターのために編曲を試みた最初の作曲家は、名ギタリストでもあったタルレガでした。タルレガはバッハの対位法や色調の多様さを見事にギターへと置き換えることに成功、次世代の作曲家たちに多くの示唆を与えたのです。そんな中、パルティータ第2番を編曲したのがマヌキアンでした。彼は鍵盤楽器のために書かれたこの曲を、完璧にギターへと移し替えることに成功しています。ホップストックの手による2つの作品も、もともとギターのために書かれたかのように、ぴったりとマッチしています。そして、ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲をバッハ鍵盤独奏曲へと編曲したBWV972をギターへと移し替えたのは、演奏者であるペロワ自身。こちらも何も文句のない仕上がりです。演奏しているペロワは1973年パリ生まれの名手で、2003年からジェレミー・ジューヴと「パリ・ギター・デュオ」を創設し活動、世界中で好評を博しています。深みのある美しい音色が魅力的です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。