ホーム > アルバム > 8.572462 イサシ:弦楽四重奏曲集 3 - 第1番、第5番(イサシ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572462
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アンドレス・イサシ Andres Isasi
編曲者
カーステン・ドバース Karsten Dobers
アーティスト
イサシ四重奏団 Isasi Quartet , マルタ・サバレタ Marta Zabaleta , アンナ・ボイーガス Anna Bohigas

イサシ:弦楽四重奏曲集 3 - 第1番、第5番(イサシ四重奏団)

ISASI, A.: String Quartets, Vol. 3 (Isasi Quartet) - Nos. 1 and 5

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572462

全トラック選択/解除

アンドレス・イサシ - Andres Isasi (1890-1940)

**:**
弦楽四重奏曲第1番 ト長調 Op. 11 (K. ドバースによる補筆完成版)

String Quartet No. 1 in G major, Op. 11 (revised and completed by K. Dobers)

録音: 30 November - 3 December 2009, Chateau d'Arcangues, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3965421
**:**
»  I. Allegro moderatissimo
1.

-

**:**
»  II. Andante e romantico
2.

-

**:**
»  III. Intermezzo: Allegretto e mosso
3.

-

**:**
»  IV. Final: Allegro
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第5番 ハ短調 Op. 32 (K. ドバースによる補筆完成版)

String Quartet No. 5 in C Minor, Op. 32 (revised and completed by K. Dobers)

録音: 30 November - 3 December 2009, Chateau d'Arcangues, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4088484
**:**
»  I. Allegro non troppo
5.

-

**:**
»  II. Adagio
6.

-

**:**
»  III. Allegretto vivace
7.

-

**:**
»  IV. Final: Allegro
8.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 Op. 25 (K. ドバースによる補筆完成版)

Violin Sonata in F Minor, Op. 25 (revised and completed by K. Dobers)

録音: 30 November - 3 December 2009, Chateau d'Arcangues, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4088485
**:**
»  I. Allegro. Un poco recitativo
9.

-

**:**
»  II. Romance: Adagio
10.

-

**:**
»  III. Allegro molto
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/03/01
スペイン、ビルバオ出身のアンドレス・イサシ(1890-1940)の弦楽四重奏曲集も、この第3集で完結となります。19歳から留学していたベルリンで師事したフンパーディンクの影響は、1914年に故郷ビルバオに戻っても変わることなく、晩年に至るまで、その豊かなメロディに自然の音を取り入れた美しい作品を数多く書き残しました。ただ、当時のスペインではこの作風は受け入れられず、結局これらは忘れられてしまうことになったのです。彼はベルリンに到着する際、ビルバオ時代の作品は全て破棄するつもりだったようですが、このアルバムに収録された第1番は、自身で改訂しストックホルムで発表されたもので、ゆったりとした風情が印象的な四重奏曲です。第5番はブラームスに捧げられた作品で、彼の死後2年を経た1942年に初演されました。こちらは雄弁で起伏に富んだ主題を持つ第1楽章と、切ない風情を持つ第2楽章がとりわけ印象的です。またヴァイオリン・ソナタからはリヒャルト・シュトラウスの影響も感じられます。ゆったりと包み込むような暖かさに満ちた音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。