ホーム > アルバム > 8.572473 ケクラン:ペルシアの時(ファン・ラート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572473
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
シャルル・ケクラン Charles Koechlin
アーティスト
ラルフ・ファン・ラート Ralph van Raat

ケクラン:ペルシアの時(ファン・ラート)

KOECHLIN, C.: Heures persanes (Les) (van Raat)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572473

全トラック選択/解除

シャルル・ケクラン - Charles Koechlin (1867-1950)

**:**
ペルシアの時 Op. 65

Les heures persanes, Op. 65

録音: 11-12 August 2010, Sweelinckzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/774448
**:**
»  No. 1. Sieste, avant le depart: Lent
1.

-

**:**
»  No. 2. La caravane (reve, pendant la sieste): Pas vite
2.

-

**:**
»  No. 3. L'escalade obscure: Adagio (non troppo)
3.

-

**:**
»  No. 4. Matin frais, dans la haute vallee: Pas trop lent
4.

-

**:**
»  No. 5. En vue de la ville: Moderato
5.

-

**:**
»  No. 6. A travers les rues: Allegro vivo
6.

-

**:**
»  No. 7. Chant du soir: Tres calme
7.

-

**:**
»  No. 8. Clair de lune sur les terrasses: Andante moderato
8.

-

**:**
»  No. 9. Aubade: Moderato
9.

-

**:**
»  No. 10. Roses au soleil de midi: Presque adagio
10.

-

**:**
»  No. 11. A l'ombre, pres de la fontaine de marbre: Moderato
11.

-

**:**
»  No. 12. Arabesques: Allegro (non troppo)
12.

-

**:**
»  No. 13. Les collines, au coucher du soleil: Tres calme
13.

-

**:**
»  No. 14. Le conteur: Assez lent - Le Pecheur et le Genni - Le Palais enchante - Danse d'adolescents - Claire de lune sur les jardins
14.

-

**:**
»  No. 15. La paix du soir, au cimetiere: Assez lent
15.

-

**:**
»  No. 16. Derviches dans la nuit: Assez anime, nocturne, mysterieux - Variante - Clair de lune sur la place deserte
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
フランク、フォーレ、ドビュッシーら先人の影響を受けながらも、伝統的なハーモニーと作曲技法を独自に拡大し、時には無調の作品までをも書いたフランスの作曲家ケクラン。彼は良き教師でもあり、近代和声学、対位法の著作も残し、また映画からもインスピレーションを受けるなど、多方面に渡って影響を及ぼした人でもありました。彼は夜になると望遠鏡で星を眺め、宇宙の神秘を解明しようと試み、またある時は神話や旅行記、未知の国についての書物を熱心に読んでいたともいいます。そんな知識人であり夢想家であった彼ならではのピアノ曲がこの傑作「ペルシアの時」です。「ピエール・ロティの『イスパーンの方へ』に基づくピアノのための組曲」という副題をもち、彼の特徴でもある静謐さと、東洋的な雰囲気が横溢した16曲からなる組曲で、時に聞こえてくる古代の響きや、砂漠の熱い風が感じられる、今の慌ただしい時間を忘れさせてくれるかのような音たちが蠢いています。こういう曲を演奏させたら右に出る者はいないであろう、ラルフ・ファン・ラートがさらりと弾いてのけています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。