ホーム > アルバム > 8.572481 ペンデレツキ:ソロモンの雅歌/コスモゴニア(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

ペンデレツキ:ソロモンの雅歌/コスモゴニア(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572481
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲), 声楽曲
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
作詞家
オヴィド Ovid, , 旧約聖書 Bible - Old Testament , ジョルダーノ・ブルーノ Giordano Bruno , ソポクレス Sophocles , レオナルド・ダ・ヴィンチ Leonardo Da Vinci , ウマル・ハイヤーム Omar Khayyam , 不詳 Anonymous , Nicolaus Copernicus , Yuri Gagarin , John Glenn , Isaiah, , Jeremiah, , Lucretius, , Menander, , Nicolaus de Cusa,
アーティスト
イェジー・アルティズ Jerzy Artysz , アントニ・ヴィト Antoni Wit , トマース・コニエチュニー Tomasz Konieczny , オルガ・パシェチニク Olga Pasichnyk , ラファウ・バルトミンスキー Rafal Bartmiński , ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団 Warsaw Philharmonic Choir , ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw Philharmonic Orchestra

ペンデレツキ:ソロモンの雅歌/コスモゴニア(ワルシャワ・フィル/ヴィト)

PENDERECKI, K.: Canticum canticorum Salomonis / Kosmogonia (Warsaw Philharmonic Choir and Orchestra, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572481

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-2020)

**:**
聖アーダルベルト讃歌
1.

Hymne an den heiligen Adalbert

録音: 10 September 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1578825
 
**:**
ケルビムの歌
2.

Song of Cherubim

録音: 28 November 2008, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1578826
 
**:**
ソロモンの雅歌
3.

Canticum canticorum Salomonis

録音: 8, 9 September 2009, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1578827
 
**:**
コスモゴニア
4.

Kosmogonia

録音: 17, 19 November 2009, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1578828
 
**:**
ストロフィ
5.

Strophen (Strophes)

録音: 8 February 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1578829
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/08/01
NAXOSの人気シリーズ、ヴィトのペンデレツキ(1933-)作品集。今回は合唱曲を5曲お届けいたします。今作も収録曲の作曲年代は40年に渡り、その作風の変遷を確かめることができる趣向になっています。1997年の「聖なるアーダルベルトの賛歌」は、まるでヴェルディの宗教曲を聴いているかのような平易で美しい和声を用いた曲です。聖ダニエル讃歌(8.557980に収録)と対をなす作品で、描かれているのは8世紀のプラハの人々のために殉教した司祭アーダルベルトの業績です。曲ごとに時代が戻っていく仕掛けとなっており、最後に置かれたストロフィは、彼が名声を確立した作品で、ギリシャ語、ヘブライ語、ペルシャ語のテキストと、断片的なフルートの音、パーカッションの応酬は、まさに「ゲンダイオンガク」そのものと言えそうな音楽です。この作品で、ポーランド作曲家同盟の第2回青年作曲家コンクールの第1位を獲得した若き作曲家は、その時どんな方向性を夢見ていたのでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。