ホーム > アルバム > 8.572488 周龍/チナリー・ウン/武満徹/譚盾:室内楽作品集(ニュージーランド弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572488
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
チナリー・ウン Chinary Ung , ガオ・ピン Ping Gao , 周龍(ジョウ・ロン) Long Zhou , 武満徹 Toru Takemitsu , 譚盾(タン・ドゥン) Dun Tan
アーティスト
ニュージーランド弦楽四重奏団 New Zealand String Quartet

周龍/チナリー・ウン/武満徹/譚盾:室内楽作品集(ニュージーランド弦楽四重奏団)

Asian Music for String Quartet - TAN, Dun / TAKEMITSU, Toru / GAO, Ping / UNG, Chinary / ZHOU, Long (New Zealand String Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572488

全トラック選択/解除

周龍(ジョウ・ロン) - Long Zhou (1953-)

**:**
ソング・オブ・ザ・チン
1.

Song of the Ch'in

録音: 21-24 July 2010, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2096861

チナリー・ウン - Chinary Ung (1942-)

**:**
スパイラル III
2.

Spiral III

録音: 21-24 July 2010, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2102134

ガオ・ピン - Ping Gao (1970-)

**:**
ブライト・ライト・アンド・クラウド・シャドウ
3.

Bright Light and Cloud Shadows

録音: 21-24 July 2010, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2102135

武満徹 - Toru Takemitsu (1930-1996)

**:**
ア・ウェイ・ア・ローン
4.

A Way a Lone

録音: 21-24 July 2010, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2102136

譚盾(タン・ドゥン) - Dun Tan (1957-)

**:**
8つのカラー

8 Colors

録音: 21-24 July 2010, St. Anne's Church, Toronto, Ontario, Canada
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2102137
**:**
»  No. 1. Peking Opera
5.

-

**:**
»  No. 2. Shadows
6.

-

**:**
»  No. 3. Pink Actress
7.

-

**:**
»  No. 4. Black Dance
8.

-

**:**
»  No. 5. Zen
9.

-

**:**
»  No. 6. Drum and Gong
10.

-

**:**
»  No. 7. Cloudiness
11.

-

**:**
»  No. 8. Red Sona
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2012/10/01
日本が誇る「タケミツ」を含む5人のアジアの作曲家による弦楽四重奏曲集です。琴の音を模したピツィカートが印象的な「秦の歌」、カンボジア生まれのチナリー・ウンの作品は、西洋音楽の形式の中に仏教思想を盛り込んだものです。四川省生まれのガオ・ピンはピアニストとしても有名で、日本にも来日しそのテクニックを披露していますが、ここでは不思議な響きを持った音楽を聴かせます。武満については、今さら紹介の必要もないでしょう。この作品は東京クァルテットの結成10周年記念の委嘱作です。譚盾の作品は、彼が1986年にニューヨークに来て初めて書いた曲集。幼年期の思い出から無調音楽まで様々なシーンが描かれた絵画的な小品集です。ニュージーランド弦楽四重奏団の演奏によって、異文化融合が一層際立っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。