ホーム > アルバム > 8.572498 マーラー:大地の歌(ヘンシェル/クンデ/ヒューストン響/グラーフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572498
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
ハンス・ベートゲ Hans Bethge
アーティスト
ハンス・グラーフ Hans Graf , グレゴリー・クンデ Gregory Kunde , ヒューストン交響楽団 Houston Symphony , ヘーン・ヘンシェル Jane Henschel

マーラー:大地の歌(ヘンシェル/クンデ/ヒューストン響/グラーフ)

MAHLER, G.: Lied von der Erde (Das) (J. Henschel, Kunde, Houston Symphony, Graf)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572498

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
大地の歌

Das Lied von der Erde (Song of the Earth)

録音: 19-22 November 2009, Jesse H. Jones Hall for the Performing Arts, Houston, Texas, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/779938
**:**
»  I. Das Trinklied vom Jammer der Erde (The Drinking Song of Earth's Misery)
1.

-

**:**
»  II. Der Einsame im Herbst (The Lonely One in Autumn)
2.

-

**:**
»  III. Von der Jugend (Of Youth)
3.

-

**:**
»  IV. Von der Schonheit (Of Beauty)
4.

-

**:**
»  V. Der Trunkene im Frühling (The Drunkard in Spring)
5.

-

**:**
»  VI. Der Abschied (The Farewell)
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
マーラーの「大地の歌」は「テノールとアルト、オーケストラのための交響曲」という副題を持っています。この曲が書かれたのは1908年ですが、その前年に長年務めたウィーン宮廷歌劇場を辞任、長女の死、そして自らの心臓病の診断と、かなり心が折れる事項が続いたのです。そして、彼もまた「第9のジンクス・・・ブルックナーやベートーヴェンが第9までしか書けなかったこと」を信じていました。そのためか、この曲には番号を与えることなく、ただの「交響曲」もしくは「連作歌曲」としての位置づけを与えたのでしょう。酒に溺れ、秋の静けさにな泣き、愛しき大地に別れを告げる者。曲全体に漂う厭世観、そして甘酸っぱい青春への回想は、終楽章の結びの言葉「ewig(永遠に)・・・」と共に、痛いほどに胸に迫ります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。