ホーム > アルバム > 8.572550 プレイエル:フルート協奏曲/交響曲 変ロ長調, ト長調(シンフォニア・フィンランディア/ユバスキュラ/ガロワ)

プレイエル:フルート協奏曲/交響曲 変ロ長調, ト長調(シンフォニア・フィンランディア/ユバスキュラ/ガロワ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572550
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
イグナーツ・プレイエル Ignaz Joseph Pleyel
アーティスト
パトリック・ガロワ Patrick Gallois , シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ Sinfonia Finlandia Jyväskylä

プレイエル:フルート協奏曲/交響曲 変ロ長調, ト長調(シンフォニア・フィンランディア/ユバスキュラ/ガロワ)

PLEYEL, I.J.: Symphonies in B-Flat Major and in G Major / Flute Concerto (Sinfonia Finlandia Jyvaskyla, P. Gallois)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572550

全トラック選択/解除

イグナーツ・プレイエル - Ignaz Joseph Pleyel (1757-1831)

**:**
交響曲 変ロ長調 Ben. 125

Symphony in B-Flat Major, Ben. 125

録音: 18-22 January 2010, Suolahti Hall, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/854328
**:**
»  I. Allegro assai
1.

-

**:**
»  II. Andantino un poco allegro
2.

-

**:**
»  III. Minuetto
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲 ト長調 Ben. 130

Symphony in G Major, Ben. 130

録音: 18-22 January 2010, Suolahti Hall, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/854329
**:**
»  I. Allegro assai
5.

-

**:**
»  II. Andante
6.

-

**:**
»  III. Minuetto: Allegretto
7.

-

**:**
»  IV. Rondo: Presto
8.

-

 
**:**
フルート協奏曲 ハ長調 Ben. 106

Flute Concerto in C Major, Ben. 106

録音: 18-22 January 2010, Suolahti Hall, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/854330
**:**
»  I. Allegro
9.

-

**:**
»  II. Adagio
10.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro molto
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
オーストリアで生まれ、ハイドンに学び、そのまま行けばベートーヴェンの良き先輩として活躍したであろうプレイエルですが、1783年にフランスに移り、名前を改名してから(以前はプライエルであった)は、ロンドンで成した財で邸宅を購入、そして師であるハイドンの楽譜を出版するために立ち上げた音楽出版社が成功を呼び、ついにはピアノ制作会社までをも設立するに至ったというのですから、人生全く何が起こるかわかりません。こんな多彩な活躍をした彼ですが、その作品数もとても多く、一時期はヨーロッパにおいて「最も有名な作曲家」として知られていたほどであり、ここで聴ける2つの交響曲などからは、その才能を存分に感じることができるでしょう。彼の唯一のフルート協奏曲であるハ長調の作品も、きらめくような美しさを備えています。最近は指揮者として活躍している名手ガロワですが、ここでは文句なしのフルートを聴かせます。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/05/19
プレイエルの生年はモーツァルトの一年後、没年はベートーベンの四年後ですが、彼の後半生は実業家として楽譜出版やピアノ製造に精力を注いだため、作曲活動が活発な時期はほぼモーツァルトに重なります。このアルバムに収録された曲では、フルート協奏曲が優美さと力強さを兼ね備え、ガロワの技巧も冴えて最も魅力があります。演奏している「シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ」は女性がほぼ半数を占める38名編成の室内オーケストラです。ヴァイオリンを両翼配置している効果も加わり、よくブレンドされた心地よい響きを堪能することができます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。