ホーム > アルバム > 8.572553 インス:交響曲第5番「ガラタサライ」/言葉のないレクイエム/ビフォー・インフラレッド/ホット、レッド、コールド、ヴィブラント(ビルケント響/インス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572553
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
カムラン・インス Kamran Ince
作詞家
Izzeddin Calislar
アーティスト
カムラン・インス Kamran Ince , トゥライ・ウヤル Tulay Uyar , セルヴァ・エルデナー Selva Erdener , ネヴァ・オズゲン Neva Ozgen , レヴェント・ギュンドゥズ Levent Gunduz , アニル・キルキイルディズ Anil Kirkyildiz , オルカ・クンタサル Olca Kuntasal , ギュヴェンチ・ダギュストゥン Guvenc Dagustun , アリ・チャブク Ali Cabuk , トルコ文化省合唱団 Turkish Ministry of Culture Choir , ビルケント交響楽団 Bilkent Symphony Orchestra

インス:交響曲第5番「ガラタサライ」/言葉のないレクイエム/ビフォー・インフラレッド/ホット、レッド、コールド、ヴィブラント(ビルケント響/インス)

INCE, K.: Symphony No. 5, "Galatasaray" / Requiem Without Words / Hot, Red, Cold, Vibrant / Before Infrared (Bilkent Symphony, Ince)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572553

全トラック選択/解除

カムラン・インス - Kamran Ince (1960-)

**:**
ホット、レッド、コールド、ヴィブラント
1.

Hot, Red, Cold, Vibrant

録音: June 2006, Bilkent Concert Hall, Bilkent, Ankara, Turkey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/411001
 
**:**
交響曲第5番「ガラタサライ」

Symphony No. 5, "Galatasaray"

録音: December 2005, Bilkent Concert Hall, Bilkent, Ankara, Turkey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/411016
**:**
»  I. —
2.

-

**:**
»  II. —
3.

-

**:**
»  III. —
4.

-

**:**
»  IV. —
5.

-

 
**:**
言葉のないレクイエム
6.

Requiem Without Words

録音: June 2006, Bilkent Concert Hall, Bilkent, Ankara, Turkey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/411021
 
**:**
ビフォー・インフラレッド
7.

Before Infrared

録音: June 2007, Bilkent Concert Hall, Bilkent, Ankara, Turkey
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/411061
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
トルコ系アメリカ人の作曲家、カムラン・インス(1960-)はイスタンブール工科大学で作曲を教えながら、活発な創作活動を行っています。彼の音楽はどれもエネルギーに満ち、聴く者を自然に元気にさせる力を備えています。交響曲第5番「ガラタサライ」はトルコの最も有名なサッカー・チームの創立100年を祝して作曲されたものです。トルコ国中にサポーターを持ち、2006-07シーズンには稲本潤一も所属していたという強豪。どれほど祝祭ムードを盛り上げても足りることはありません。インスはそんな希望を120%かなえたようです。「通常の彼の作品よりは穏健である」と評されてはいますが、合唱とソプラノ、テノール、ボーイ・ソプラノの独唱を従えたオーケストラの巨大な音響は、聴き手の心を守り立てるには充分過ぎるほどです。「ホット、レッド、コールド、ヴィブラント」はミニマル・ミュージックの爽快感に若干の衝撃が加わった曲。スパイスの効いた逸品です。「言葉のないレクイエム」は2003年に起こったイスタンブールへのテロリストによる爆撃を悼み書かれた曲。こちらは少数民族の歌い手による悲しげな歌で始まり、大音量で断絶されるまでそれは続きます。攻撃、混乱、パニックが音で表され、祈りの歌で曲を閉じます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。