ホーム > アルバム > 8.572557 コルネリウス:歌曲全集 2 (ランツハーマー/シェーファー/ハウスマン/ヴァイト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572557
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ペーター・コルネリウス Peter Cornelius
作詞家
ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ Joseph von Eichendorff , ペーター・コルネリウス Peter Cornelius , アネッテ・フォン・ドロステ=ヒュルスホフ Annette von Droste-Hulshoff , ハインリヒ・ハイネ Heinrich Heine , アウグスト・フォン・プラテン=ハラマンド August von Platen-Hallermunde , ゴットフリート・アウグスト・ブルガー Gottfried August Bürger , クリスティアン・フリードリヒ・ヘッベル Christian Friedrich Hebbel , フリードリヒ・ヘルダーリン Friedrich Hölderlin , ルートヴィヒ・ハインリヒ・クリストフ・ホルティ Ludwig Christoph Heinrich Hölty
アーティスト
マティアス・ヴァイト Matthias Veit , マルクス・シェーファー Markus Schäfer , マティアス・ハウスマン Mathias Hausmann , ハンス・クリフトフ・ベーゲマン Hans Christoph Begemann , クリスティーナ・ランツハーマー Christina Landshamer

コルネリウス:歌曲全集 2 (ランツハーマー/シェーファー/ハウスマン/ヴァイト)

CORNELIUS, P.: Lieder (Complete), Vol. 2 (Landshamer, M. Schäfer, Begemann, Hausmann, Veit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572557

全トラック選択/解除

ペーター・コルネリウス - Peter Cornelius (1824-1874)

**:**
6つの歌 Op. 5 (抜粋)

6 Lieder, Op. 5 (excerpts)

録音: 14 January 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3206683
**:**
»  No. 2. Auf ein schlummerndes Kind
1.

-

**:**
»  No. 3. Auf eine Unbekannte
2.

-

**:**
»  No. 4. Ode
3.

-

**:**
»  No. 5. Unerhort
4.

-

**:**
»  No. 6. Auftrag
5.

-

 
**:**
この孤独な涙は
6.

Was will die einsame Trane?

録音: 22 September 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228488
 
**:**
なぜに薔薇は青白い?
7.

Warum sind denn die Rosen so blass?

録音: 2 December 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228489
 
**:**
3つのソネット

3 Sonette

録音: 18 April 2011, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228490
**:**
»  No. 1. Der Entfernten
8.

-

**:**
»  No. 2. Liebe ohne Heimat
9.

-

**:**
»  No. 3. Verlust
10.

-

 
**:**
ダマー- エンプフィンデュンク
11.

Dammer-Empfindung

録音: 2 December 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228491
 
**:**
レミニツェンツ
12.

Reminiszenz

録音: 2 December 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228492
 
**:**
夕べの気分(第1稿)
13.

Abendgefuhl (1st version)

録音: 14 January 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228493
 
**:**
夕べの気分(第2稿)
14.

Abendgefuhl (2nd version)

録音: 14 January 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228494
 
**:**
夕焼け
15.

Sonnenuntergang

録音: 2 December 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228495
 
**:**
3つの歌(1856-62) - 子供
16.

3 Lieder (1856-62): Das Kind

録音: 18 April 2011, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228496
 
**:**
祝福
17.

Gesegnet

録音: 12 February 2011, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228497
 
**:**
幻影
18.

Vision

録音: 15 January 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228498
 
**:**
群盗の兄弟
19.

Die Rauberbruder

録音: 21 September 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228499
 
**:**
6つの歌(1848) - 第5番 湖のほとりで
20.

6 Lieder (1848): No. 5. Am See

録音: 2 December 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228500
 
**:**
Im tiefsten Herzen gluht mir eine Wunde
21.
録音: 2 December 2010, Studio 2, Bayerischen Rundfunks, München, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3228501
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
1824年にマインツで生まれ、ベルリン、ヴァイマール、ウィーン、ミュンヘンを経て、50歳になる直前にマインツで没した作曲家コルネリウス(1824-1874)。ワーグナーやリストと親交を結んだものの、その作品にはあまり先人たちの影響は感じられず、極めて独奏的な作品を多く残しました。若い頃は俳優を目指していたのですが、彼を応援していた父の死後は音楽の道を志し、歌劇「バグダッドの理髪師」で成功を収めた後は、良き家庭人として過ごしたということです。彼の作品のほとんどは歌曲であり、そのテキストも彼自身の手によるものが多いのですが、ここに収録されている曲は様々な詩人のテキストが用いられています。時にワーグナー的な和声を映し出している曲もありますが、全体的には、控えめな伴奏と移ろいやすい旋律を持つセンシティヴな曲が多く、聴き手にもある種の緊張感を要求する「大人のための」歌曲と言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。