ホーム > アルバム > 8.572587 ヘンデル:9つのドイツ・アリア/グローリア(クラクストン/フレム/イドマーク/ステッフェンセン/バウンキルド/メイヤー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572587
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル George Frideric Handel
作詞家
バルトルト・ハインリヒ・ブロッケス Barthold Heinrich Brockes , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ハンナ・イドマーク Hanna Ydmark , ドロテア・クラクストン Dorothea Craxton , シェルド・ライベッカー・シュテフェンス Kjeld Lybecker Steffensen , ラーシュ・バウンキルド Lars Baunkilde , フレドリーク・フレム Fredrik From , レイフ・メイエ Leif Meyer

ヘンデル:9つのドイツ・アリア/グローリア(クラクストン/フレム/イドマーク/ステッフェンセン/バウンキルド/メイヤー)

HANDEL, G.F.: 9 German Arias / Gloria (Craxton, From, Ydmark, Steffensen, Baunkilde, Meyer)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572587

全トラック選択/解除

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル - George Frideric Handel (1685-1759)

**:**
9つのドイツ・アリア HWV 202-210

9 German Arias, HWV 202-210

録音: 27 April - 1 May 2010, Blagardskirke, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/780810
**:**
»  Kunft'ger Zeiten eitler Kummer, HWV 202
1.

-

**:**
»  Das zitternde Glanzen der spielenden Wellen, HWV 203
2.

-

**:**
»  Susser Blumen Ambraflocken, HWV 204
3.

-

**:**
»  Susse Stille, sanfter Quelle, HWV 205
4.

-

**:**
»  Singe, Seele, Gott zum Preise, HWV 206
5.

-

**:**
»  Meine Seele hort im Sehen, HWV 207
6.

-

**:**
»  Die ihr aus dunklen Gruften, HWV 208
7.

-

**:**
»  In den angenehmen Buschen, HWV 209
8.

-

**:**
»  Flammende Rose, Zierde der Erden, HWV 210
9.

-

 
**:**
グローリア HWV deest

Gloria, HWV deest

録音: 27 April - 1 May 2010, Blagardskirke, Copenhagen, Denmark
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1329780
**:**
»  Gloria in excelsis Deo
10.

-

**:**
»  Et in terra pax
11.

-

**:**
»  Laudamus te
12.

-

**:**
»  Domine Deus
13.

-

**:**
»  Qui tollis
14.

-

**:**
»  Quoniam tu solus sanctus
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
バッハと同じ年にドイツで生まれるも、20代後半からイギリスに渡り、この地で生涯を終えたヘンデル。そのせいか、彼は母国語であるドイツ語を作品に用いることはほとんどありませんでした。この「9つのアリア」は珍しくドイツ語の歌詞によるものです。ハンブルクの詩人ブロッケスは当時広く愛好されていた人で(他にもテレマンなどがこの詩人のテキストを用いている)、自然の美しさから神を見出し、その存在に祈りを捧げるという内容がヘンデルの心を捉えたに違いありません。ソプラノ、ヴァイオリンと通奏低音という小さな編成ですが、まるでオペラのアリアのようにドラマティックで技巧的。声の美しさを存分に堪能できる作品です。グローリアは、1707年、彼がイタリアに滞在していた頃に書かれた作品で、ずっと行方不明になっていましたが、2001年に発見されてからというものの、ローマ・カトリック教会の重要なレパートリーとなったものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。