ホーム > アルバム > 8.572596 ピアソラ:タンゴ・ディスティーノ(リアルマコプーロス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572596
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
アストル・ピアソラ Astor Piazzolla
編曲者
ガブリエル・セナネス Gabriel Senanes , 不詳 Anonymous , アキレス・リアルマコプーロス Achilles Liarmakopoulos
アーティスト
サミュエル・アダムズ Samuel Adams , マウラ・ヴァレンティ Maura Valenti , ラウル・ガルシア Raul Garcia , エクトル・デル・クルト Héctor Del Curto , エジソン・シャイド Edson Scheid , ペドロ・ジラウド Pedro Giraudo , アーノルド・チョイ Arnold Choi , ロバート・トンプソン Robert Thompson , サイモン・パウイス Simon Powis , ジユン・ハン Jiyun Han , オクタヴィオ・ブルネッティ Octavio Brunetti , アキレス・リアルマコプーロス Achilles Liarmakopoulos , イアン・デイヴィッド・ローゼンバウム Ian David Rosenbaum

ピアソラ:タンゴ・ディスティーノ(リアルマコプーロス)

PIAZZOLLA, A.: Tango Distinto (Liarmakopoulos)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572596

全トラック選択/解除

アストル・ピアソラ - Astor Piazzolla (1921-1992)

**:**
ミケランジェロ70 (A. リアルマコプーロスによるトロンボーン、バンドネオン、ピアノとコントラバス編)
1.

Michelangelo 70 (arr. A. Liarmakopoulos for trombone, bandoneon, piano and double bass)

録音: 5 May 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035330
 
**:**
タンゴの歴史 - カフェ1930 (A. リアルマコプーロスによるトロンボーンとギター編)
2.

Histoire du Tango (History of the Tango): II. Cafe 1930 (arr. A. Liarmakopoulos for trombone and guitar)

録音: 28 April 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035331
 
**:**
タンゴの歴史 - ナイトクラブ1960 (A. リアルマコプーロスによるトロンボーンとマリンバ編)
3.

Histoire du Tango (History of the Tango): III. Night club 1960 (arr. A. Liarmakopoulos for trombone and marimba)

録音: 28 April 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035332
 
**:**
ソレダッド(孤独)(A. リアルマコプーロスによるトロンボーン、バンドネオン、ピアノとコントラバス編)
4.

Soledad (arr. A. Liarmakopoulos for trombone, bandoneon, piano and double bass)

録音: 5 May 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035333
 
**:**
ル・グラン・タンゴ(A. リアルマコプーロスによるトロンボーンとピアノ編)
5.

Le Grand Tango (arr. A. Liarmakopoulos for trombone and piano)

録音: 24 April 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035334
 
**:**
オブリビオン(忘却)(A. リアルマコプーロスによるトロンボーン、ピアノとコントラバス編)
6.

Oblivion (arr. A. Liarmakopoulos for trombone, piano and double bass)

録音: 24 April 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035335
 
**:**
エスクアロ(鮫)(A. リアルマコプーロスによるトロンボーン、バンドネオン、ピアノとコントラバス編)
7.

Escualo (arr. A. Liarmakopoulos for trombone, bandoneon, piano and double bass)

録音: 5 May 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035336
 
**:**
セリエ・デル・アンゲル(編曲:G. セナネス)

Serie del Angel (arr. G. Senanes)

録音: 20 April 2010, Woolsey Hall, Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035337
**:**
»  I. La muerte del angel
8.

-

**:**
»  II. Milonga del angel
9.

-

**:**
»  III. Resurreccion del angel
10.

-

 
**:**
タンティ・アンニ・プリマ 「アヴェ・マリア」
11.

Tanti anni prima, "Ave Maria"

録音: 28 April 2010, Woolsey Hall at Yale University, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2035338
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
ピアソラのタンゴは、すでに普遍的な地位を築いており、今ではまるでJ.S.バッハの作品のように、様々が楽器で演奏されることが普通となっています。彼の作品はどんな楽器とも親和性があり、まるで最初から予定されていたかのようにそこに馴染むのです。今作はソロ・トロンボーンによるピアソラの最初の録音となります。有名なオブリビオンや、耳にする機会の多い「タンゴの歴史」も、全く新しい装いで立ち現れます。もちろん、ここでソロを担うリアルマコプーロスの超絶技巧には目を見張るものがあります。名チェリスト、ロストロポーヴィチのために書かれた「グラン・タンゴ」でも、涙が出そうなほどに見事な演奏を聴かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。