ホーム > アルバム > 8.572624 ブランコ:管弦楽作品集 4 - 交響曲第4番/ヴァテック(カッスート)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572624
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ルイス・デ・フレイタス・ブランコ Luís de Freitas Branco
アーティスト
アイルランド国立交響楽団 Ireland RTÉ National Symphony Orchestra , アルヴァロ・カッスート Álvaro Cassuto

ブランコ:管弦楽作品集 4 - 交響曲第4番/ヴァテック(カッスート)

FREITAS BRANCO, L. de: Orchestral Works, Vol. 4 (Cassuto) - Symphony No. 4 / Vathek

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572624

全トラック選択/解除

ルイス・デ・フレイタス・ブランコ - Luís de Freitas Branco (1890-1955)

**:**
交響曲第4番

Symphony No. 4

録音: 12-13 April 2010, The National Concert Hall, Dublin, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/585171
**:**
»  I. Andante
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegro vivace
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
ヴァテック

Vathek

録音: 12-13 April 2010, The National Concert Hall, Dublin, Ireland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/585172
**:**
»  I. Introduction
5.

-

**:**
»  II. Theme
6.

-

**:**
»  III. Prologue
7.

-

**:**
»  IV. Variation I: Festin Eternal
8.

-

**:**
»  V. Variation II: Temple de la Melodie
9.

-

**:**
»  VI. Variation III: Delices des Yeux
10.

-

**:**
»  VII. Variation IV: Palais des Parfums
11.

-

**:**
»  VIII. Variation V: Reduit de la Joie
12.

-

**:**
»  IX. Epilogue
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/12/01
ポルトガルの作曲家、および音楽学者ルイス・デ=フレイタス=ブランコの第4集の管弦楽曲集です。第4番の交響曲は彼の最後の交響曲で、8年の年月をかけて入念に仕上げられた作品です。4つの楽章からなる伝統に基づいた形式で書かれた後期ロマン派風のアプローチが顕著な作品で、冒頭のユニゾンで奏されるメロディはグレゴリオ聖歌のキリエを引用したものです。あまり対位法的な書法は見られず、全体的に厚みのあるハーモニーと躍動的なメロディが支配し、不協和音の中から突如経ち現われる金管のファンファーレや、弦のユニゾンには、思わず耳を欹ててしまう効果があるようです。交響詩「ヴァテック」はイギリスの作家ベックフォードがフランス語で書いた東方奇譚にインスピレーションを得て書かれた作品です。この世のありとあらゆる快楽を極め、地獄の宝物を奪還するために、悪の限りを尽くすヴァテックの物語で、1913年に書かれた作品ですが、曲の初演は1950年まで待たなくてはいけませんでした。その上、その際は第3変奏が演奏されることなく、結局全曲が演奏されたのは1961年になってから。確かにこの第3変奏曲は1913年当時の聴衆に受け入れられるとは到底思えないほど奇妙なもの。弦による59声のフーガはまるで嘲笑のようであり、突然中断されるまでの2分間は生きた心地がしないのですから。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。