ホーム > アルバム > 8.572634 ヴァスクス:フルート協奏曲/フルート・ソナタ/アリアと舞曲/鳥のいる風景(M. ファウスト/S. アーノルドシンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ/ガロワ)

ヴァスクス:フルート協奏曲/フルート・ソナタ/アリアと舞曲/鳥のいる風景(M. ファウスト/S. アーノルドシンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ/ガロワ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572634
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
ペトリス・ヴァスクス Pēteris Vasks
アーティスト
シーラ・アルノルト Sheila Arnold , パトリック・ガロワ Patrick Gallois , シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ Sinfonia Finlandia Jyväskylä , ミヒャエル・ファウスト Michael Faust

ヴァスクス:フルート協奏曲/フルート・ソナタ/アリアと舞曲/鳥のいる風景(M. ファウスト/S. アーノルドシンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ/ガロワ)

VASKS, P.: Flute Concerto / Flute Sonata / Aria e danza / Landscape with Birds (M. Faust, S. Arnold, Sinfonia Finlandia Jyväskylä, P. Gallois)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572634

全トラック選択/解除

ペトリス・ヴァスクス - Pēteris Vasks (1946-)

**:**
フルート協奏曲

Flute Concerto

録音: 5, 6 May 2010, Hankasalmi Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2952134
**:**
»  I. Cantabile I
1.

-

**:**
»  II. Quasi una burlesca
2.

-

**:**
»  III. Cantabile II
3.

-

 
**:**
フルートとアルト・フルートのためのソナタ

Sonata for Flute and Alto Flute

録音: 13 January 2012, Loft, Wissmannstrasse Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3166529
**:**
»  I. Nakts (Night): Misterioso
4.

-

**:**
»  II. Lidojums (Flight): Agitato
5.

-

**:**
»  III. Nakts (Night): Misterioso
6.

-

 
**:**
アリアと舞曲

Aria e danza

録音: 13 January 2012, Loft, Wissmannstrasse Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3166530
**:**
»  Aria
7.

-

**:**
»  Danza: Giocoso
8.

-

 
**:**
鳥のいる風景
9.

Ainava ar putniem (Landscape with Birds)

録音: 13 January 2012, Loft, Wissmannstrasse Cologne, Germany
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3166531
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/09/01
現代ラトビアの作曲家、ペトリス・ヴァスクス。彼の作品は、時として底抜けの明るさと焼け付くような表現力を持つ特異なものですが、それは彼の関心が、自然の賛美や生命の美しさ、そしてこれらを脅かす生態系の破壊にあり、音楽を創る時に常にそれらを念頭に置き、これらにラトビアの民謡を織り込みながら、切々とつづっていくとこにあるからでしょう。このフルーティスト、マイケル・ファウストのために書かれた「フルート協奏曲」もそんな作品で、第2楽章の冒頭のような抒情的なパッセージを突如切り裂く攻撃的なリズムなど、多くの事を語りかけてくる骨太の音楽に仕上がっています。2009年にセミヨン・ビシュコフとファウストによって初演されましたが、その2年儀に改訂され、より表現力を持つ音楽への変貌した作品です。かたや「ソナタ」は巧みに書かれた抒情的な作品です。無伴奏の「鳥のいる風景」も風景が見えてくる作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。