ホーム > アルバム > 8.572641 ブライアン:交響曲第20番, 第25番(ウクライナ国立響/ペニー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572641
CD発売時期
1996年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ハヴァーガル・ブライアン Havergal Brian
アーティスト
ウクライナ国立交響楽団 Ukraine National Symphony Orchestra , アンドリュー・ペニー Andrew Penny

ブライアン:交響曲第20番, 第25番(ウクライナ国立響/ペニー)

BRIAN, H.: Symphonies Nos. 20 and 25 (Ukraine National Symphony, Penny)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572641

全トラック選択/解除

ハヴァーガル・ブライアン - Havergal Brian (1876-1972)

**:**
古い韻による幻想的変奏曲

Fantastic Variations on an Old Rhyme

録音: 28-30 October 1994, Concert Hall of Ukrainian Radio, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1072254
**:**
»  I. Andante
1.

-

**:**
»  II. Allegro molto
2.

-

**:**
»  III. Con moto e espressione
3.

-

**:**
»  IV. Allegro vivace
4.

-

**:**
»  V. Lento
5.

-

 
**:**
交響曲第20番 嬰ハ短調

Symphony No. 20 in C-Sharp Minor

録音: 28-30 October 1994, Concert Hall of Ukrainian Radio, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1075100
**:**
»  I. Adagio - Allegro agitato -
6.

-

**:**
»  I. (formal development section arrives) -
7.

-

**:**
»  I. (vigorous, highly allusive development of the first theme) -
8.

-

**:**
»  I. Coda
9.

-

**:**
»  II. Adagio ma non troppo, cantabile e sostenuto -
10.

-

**:**
»  II. (a bridge passage beginning with violin and flute solos) -
11.

-

**:**
»  II. (a development of the original polyphonic complex) -
12.

-

**:**
»  II. (the third span begins with a musing clarinet solo)
13.

-

**:**
»  III. Allegro vivo -
14.

-

**:**
»  III. Lento -
15.

-

**:**
»  III. (a kind of slow waltz, with violin solo) -
16.

-

**:**
»  III. Allegro -
17.

-

**:**
»  III. (reappearence of the rondo-theme on trombones)
18.

-

**:**
»  III. (fast Coda)
19.

-

 
**:**
交響曲第25番 イ短調

Symphony No. 25 in A Minor

録音: 28-30 October 1994, Concert Hall of Ukrainian Radio, Ukraine
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1075101
**:**
»  I. Allegro risoluto -
20.

-

**:**
»  I. (the motto returns again to initiate an eventful development) -
21.

-

**:**
»  I. (elegantly lyrical tune for oboe with flute and harp accompaniment) -
22.

-

**:**
»  I. (sinister reiterations of a 3-note figure) -
23.

-

**:**
»  I. (the return of the 4-note motto) -
24.

-

**:**
»  I. (a mysterious episode of nagging triplet rhythms) -
25.

-

**:**
»  I. Coda
26.

-

**:**
»  II. Andante cantabile -
27.

-

**:**
»  II. (a poignant new idea, first heard on solo oboe) -
28.

-

**:**
»  II. (opening theme now returns on cellos) -
29.

-

**:**
»  II. (a more defined march-music takes over) -
30.

-

**:**
»  II. (final return of the main theme)
31.

-

**:**
»  III. Allegro ma non tanto -
32.

-

**:**
»  III. Lento -
33.

-

**:**
»  III. (a little woodwind cadenza leads back to the rondo music) -
34.

-

**:**
»  III. (a different and irreverent snatch of folk-song from a bassoon)
35.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/07/01
長大で複雑な作品を書くことで知られるブライアン(1876-1972)。このアルバムに収録された2 つの交響曲は、長さの面(だけ)なら比較的取っつきやすいものでしょう。1962 年に書かれた第20 番は予想以上にコンパクトで、洗練された主題を持ち、表現力豊かです。そして1966 年に書かれた第25 番は、より古典的な構成を持ち、美しいメロディを持っています。しかし・・・ブライアンです。一筋縄でいくわけはありません。この楽章の配置を見てください。一つの楽章はいくつもに細分され、目まぐるしく表情を変化させます。終わると見せかけて終わらない。そしていつの間にか別世界へ持っていかれる感覚。これは病みつきになります。冒頭に置かれた「古い韻による幻想的変奏曲」は、彼の初期の作品で、シベリウス、R.シュトラウスなど、当時隆盛を誇っていたたくさんの作曲家の影響が感じられます。これはこれで微笑ましいものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。