ホーム > アルバム > 8.572642 マデルナ:ピアノ協奏曲(1942)/2台のピアノのための協奏曲/クワドリヴィウム(オルヴィエート/ボンジェッリ/グルッポ 40.6/アレーナ・ディ・ヴェローナ管/ミオット)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572642
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ブルーノ・マデルナ Bruno Maderna
アーティスト
アレーナ・ディ・ヴェローナ管弦楽団 Arena of Verona Orchestra , ジャンルカ・ウバルディ Gianluca Ubaldi , アルド・オルヴィエート Aldo Orvieto , アレッサンドロ・カロッビ Alessandro Carobbi , グルッポ 40.6 Gruppo 40.6 , サベリオ・タスカ Saverio Tasca , エンリコ・フェミア Enrico Femia , ファウスト・ボンジェッリ Fausto Bongelli , カルロ・ミオット Carlo Miotto

マデルナ:ピアノ協奏曲(1942)/2台のピアノのための協奏曲/クワドリヴィウム(オルヴィエート/ボンジェッリ/グルッポ 40.6/アレーナ・ディ・ヴェローナ管/ミオット)

MADERNA, B.: Piano Concerto (1942) / Concerto for 2 Pianos / Quadrivium (Orvieto, Bongelli, Gruppo 40.6, Arena of Verona Orchestra, Miotto)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572642

全トラック選択/解除

ブルーノ・マデルナ - Bruno Maderna (1920-1973)

**:**
ピアノ協奏曲(1942)
1.

Piano Concerto (1942)

録音: 10 October 2009, Teatro Filarmonico, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/677209
 
**:**
ピアノ協奏曲(1942)(2台ピアノ編)
2.

Piano Concerto (1942) (version for 2 pianos)

録音: 19 April 2010, Auditorium Fazioli, Sacile, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/677210
 
**:**
2台のピアノのための協奏曲
3.

Concerto for 2 Pianos

録音: 19 April 2010, Auditorium Fazioli, Sacile, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/677211
 
**:**
クワドリヴィウム
4.

Quadrivium

録音: 10 October 2009, Teatro Filarmonico, Verona, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/677212
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
イタリアの現代作曲家&指揮者であるマデルナ。彼はテープ音楽を好み、また古楽への造詣も深く、自らの作品に不確定性を取り入れたた人として知られています。そんな彼、1959年に作曲した「ピアノ協奏曲」はグランド・ピアノの蓋を乱暴に閉めるなどという“恐ろしい指示”がされていることで評判となっていますが(これも不確定性ですね)こちらの1942年に書かれたピアノ協奏曲は、バルトークの世界に没頭している学生が書いたもので、長らく失われていた若書きの作品です。もちろん天才の萌芽は至るところに見えていて、今後どのような世界へと進んでいくのだろう?と興味が尽きないものです。その4年後に2台ピアノ版へと発展させたトラック2,そしてその思考を熟成させたトラック3は、まるで兄弟のように同じ香りを有しています。その20年後に書かれた晩年の「クワドリヴィウム」(天文学、算術、幾何学、音楽)は、彼が求めた世界の一つの答えであり、「4つ」というキーワードの上に音を重ねていくという試みから生まれる刺激的な音楽…ストーリーです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。