ホーム > アルバム > 8.572653 ラター:グローリア/マニフィカト/テ・デウム(クラッグ/セント・オールバンズ大聖堂合唱団/アンサンブル・デコラム/ルーカス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572653
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジョン・ラター John Rutter
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous , ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
アンサンブル・デコラム Ensemble DeChorum , トム・ウィンペニー Tom Winpenny , エリザベス・クラッグ Elizabeth Cragg , セント・オールバンズ大聖堂合唱団 St Albans Cathedral Choirs , アンドリュー・ルーカス Andrew Lucas

ラター:グローリア/マニフィカト/テ・デウム(クラッグ/セント・オールバンズ大聖堂合唱団/アンサンブル・デコラム/ルーカス)

RUTTER, J.: Gloria / Magnificat / Te Deum (Cragg, St Albans Cathedral Choirs, Winpenny, Ensemble DeChorum, Lucas)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572653

全トラック選択/解除

ジョン・ラター - John Rutter (1945-)

**:**
グローリア

Gloria

録音: 16-17 July 2010, The Cathedral and Abbey Church of St Alban, St Albans, Hertfordshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/922899
**:**
»  I. Allegro vivace
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Vivace e ritmico
3.

-

 
**:**
マニフィカト

Magnificat

録音: 13-14 July 2010, The Cathedral and Abbey Church of St Alban, St Albans, Hertfordshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/922900
**:**
»  Magnificat anima mea
4.

-

**:**
»  Of a Rose, a lovely Rose
5.

-

**:**
»  Quia fecit mihi magna
6.

-

**:**
»  Et misericordia
7.

-

**:**
»  Fecit potentiam
8.

-

**:**
»  Esurientes
9.

-

**:**
»  Gloria Patri
10.

-

 
**:**
テ・デウム
11.

Te Deum

録音: 16-17 July 2010, The Cathedral and Abbey Church of St Alban, St Albans, Hertfordshire, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/922901
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
現在の英国で最も人気の高い作曲家と言えば、まずこのラター(1945-)の名前が挙がることでしょう。合唱好きの間では清冽なレクイエムがとりわけ知られていますが、他の多くの合唱曲も、その平易な歌い口と、斬新なリズム、そして美しいハーモニーが大人気。2011年のロイヤル・ウェディングでも彼の曲が晴れ晴れと演奏され、列席した人のみならず、世界中の「若き2人」を見守る人々の心に強い感動を巻き起こしました。このアルバムには伝統的な形式に則った宗教曲を3つ収録。どれも鮮烈でダイナミック。この、まるで映画音楽のようなスペクタクルな世界こそ、クラシック音楽に馴染みのない人にも広く親しまれる要因なのかもしれません。
レビュアー: sammy 投稿日:2011/12/23
ラターのメロディアスで耳あたりの良い、同時にキリスト教音楽にふさわしい気品を備えた作品集です。神の偉大さを讃える「グローリア」「テ・デウム」のきらびやかさは紹介文通りスペクタクルな世界。イエスの母マリアの讃歌にミサ典礼歌や聖母讃歌が加えられた「マニフィカト」も喜びがミュージカル風に、甘美に華やかに歌われます。しっとりと明るく仕上げられた演奏も高水準で素晴らしいと思います。特に気品あふれる「マニフィカト」のソプラノ・ソロに魅了されました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。