ホーム > アルバム > 8.572666 アゼルバイジャンのピアノ協奏曲集(バダルベイリ/アディゲルザルザーデ/ロイヤル・フィル/ヤブロンスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572666
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 協奏曲
作曲家
ヴァシフ・アディゲザロフ Vasif Adigezalov , フィクレト・アミーロフ Fikret Amirov , トフィク・クリーエフ Tofig Guliyev , エルミーラ・ナジーロヴァ Elmira Nazirova , ファルハド・バダルベイリ Farhad Badalbeyli
アーティスト
ムラド・アディゲルザルザーデ Murad Adigezalzade , ファルハド・バダルベイリ Farhad Badalbeyli , ドミトリ・ヤブロンスキー Dmitry Yablonsky , ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 Royal Philharmonic Orchestra , ジョアン・ロジャース Joan Rodgers

アゼルバイジャンのピアノ協奏曲集(バダルベイリ/アディゲルザルザーデ/ロイヤル・フィル/ヤブロンスキー)

AZERBAIJANI PIANO CONCERTOS (Badalbeyli, Adigezalzade, Royal Philharmonic, Yablonsky) (Azerbaijani Composers, Vol. 3)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572666

全トラック選択/解除

フィクレト・アミーロフ - Fikret Amirov (1922-1984) / エルミーラ・ナジーロヴァ - Elmira Nazirova (1928-)

**:**
アラビアの主題によるピアノ協奏曲

Piano Concerto after Arabian Themes

録音: 9, 11, 12 July 2010, Cadogan Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1297596
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Allegro giusto
3.

-

ヴァシフ・アディゲザロフ - Vasif Adigezalov (1935-2006)

**:**
ピアノ協奏曲第4番

Piano Concerto No. 4

録音: 9, 11, 12 July 2010, Cadogan Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1297597
**:**
»  I. Allegro non troppo
4.

-

**:**
»  II. Andante
5.

-

**:**
»  III. Allegro non troppo
6.

-

トフィク・クリーエフ - Tofig Guliyev (1917-)

**:**
ガイターギ(ピアノと管弦楽編)
7.

Gaytagi (version for piano and orchestra)

録音: 9, 11, 12 July 2010, Cadogan Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1297598

ファルハド・バダルベイリ - Farhad Badalbeyli (1947-)

**:**
8.

The Sea

録音: 9, 11, 12 July 2010, Cadogan Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1297599
 
**:**
シュシャ
9.

Shusha

録音: 9, 11, 12 July 2010, Cadogan Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1297600
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
バダルベイリは監督&俳優シャムシ・バダルベイリを父に持ち、1967年にスメタナ・ピアノ国際コンクールで3位を受賞したことで、国際的な活動を始めました。その後、数々の賞を取りながら、作曲も行い、1991年からはバクー音楽アカデミーで教えています。「スーシャ」はアゼルバイジャンの古代都市ですが、現在でもこの地の文学と音楽の象徴とされ、ここで起きた人々の紛争という悲話を、声とオーケストラで語るという小品。涙が一筋頬を伝うかもしれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。