ホーム > アルバム > 8.572691 エネスク:ヴァイオリン・ソナタ全集 1 (シュトラウス/ポレターエフ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572691
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ジョルジェ・エネスク George Enescu
アーティスト
アクセル・シュトラウス Axel Strauss , イリヤ・ポレターエフ Ilya Poletaev

エネスク:ヴァイオリン・ソナタ全集 1 (シュトラウス/ポレターエフ)

ENESCU, G.: Violin and Piano Works (Complete), Vol. 1 (A. Strauss, Poletaev)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572691

全トラック選択/解除

ジョルジェ・エネスク - George Enescu (1881-1955)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 ヘ短調 Op. 6

Violin Sonata No. 2 in F Minor, Op. 6

録音: 9-12 January 2011, Caroline H. Hume Concert Hall, San Francisco, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2992952
**:**
»  I. Assez mouvemente
1.

-

**:**
»  II. Tranquillement
2.

-

**:**
»  III. Vif
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ イ短調 「トルソー」
4.

Violin Sonata in A Minor, "Torso"

録音: 9-12 January 2011, Caroline H. Hume Concert Hall, San Francisco, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2992953
 
**:**
協奏的即興曲
5.

Impromptu concertant

録音: 9-12 January 2011, Caroline H. Hume Concert Hall, San Francisco, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2992954
 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第3番 イ短調 「ルーマニア民俗風で」 Op. 25

Violin Sonata No. 3 in A Minor, Op. 25, "Dans le caractere populaire roumain"

録音: 9-12 January 2011, Caroline H. Hume Concert Hall, San Francisco, California, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2992955
**:**
»  I. Moderato malinconico
6.

-

**:**
»  II. Andante sostenuto e misterioso
7.

-

**:**
»  III. Allegro con brio, ma non troppo mosso
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/07/01
20世紀ルーマニアにおける最も優れた音楽家の一人、ジョルジュ・エネスク(1881-1955 エネスコ)。存命中の彼は最高のヴァイオリニストであり、ブラームス作品の素晴らしい解釈者としても知られていました。作品番号付きの作品はあまり数が多くないのですが、ブカレストのエネスク博物館には未完成の原稿などの膨大な資料があり、少しずつその全貌が解明されようとしています。このシリーズは、エネスクの本領とも言えるヴァイオリンとピアノのための作品全集であり、情熱的でパワフルな第2番のヴァイオリン・ソナタは彼の「作曲家としての評価」を高めた記念碑的な作品でもあります。1楽章のみが残存する「ソナタイ短調」は民族音楽風のメロディと、不規則に移り変わる楽想が魅力的な作品です。初期の作品「協奏的即興曲」はフランス風な優雅さを持っています。ヴァイオリン・ソナタ第3番は「ルーマニア民謡の特徴による」の副題を持つ大作で、急進的な作風と強烈なリズムと特殊奏法を多用した印象的な音楽です。演奏も困難で、彼の弟子であったメニューインもこの曲の難しさについて述べています。この曲の中にはあらゆるものが内包されていると言っても過言ではありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。