ホーム > アルバム > 8.572694 ブラームス:合唱作品集(ヴォラク/ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団&管弦楽団/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572694
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 合唱曲(宗教曲)
作曲家
ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms
作詞家
ミヒャエル・ヴァイセ Michael Weisse , ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ Johann Wolfgang von Goethe , フリードリヒ・フォン・シラー Friedrich von Schiller , 新約聖書 Bible - New Testament , フリードリヒ・ヘルダーリン Friedrich Hölderlin
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , エヴァ・ヴォラク Ewa Wolak , ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団 Warsaw Philharmonic Choir , ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw Philharmonic Orchestra

ブラームス:合唱作品集(ヴォラク/ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団&管弦楽団/ヴィト)

BRAHMS, J.: Choral Music (Wolak, Warsaw Philharmonic Choir and Orchestra, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572694

全トラック選択/解除

ヨハネス・ブラームス - Johannes Brahms (1833-1897)

**:**
アヴェ・マリア Op. 12
1.

Ave Maria, Op. 12

録音: 23 April 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1540097
 
**:**
埋葬の歌 Op. 13
2.

Begrabnisgesang, Op. 13

録音: April 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1540098
 
**:**
アルト・ラプソディ Op. 53
3.

Alto Rhapsody, Op. 53

録音: 9 January 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1540099
 
**:**
運命の歌 Op. 54
4.

Schicksalslied, Op. 54

録音: 17 February 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1540100
 
**:**
哀悼の歌 Op. 82
5.

Nanie, Op. 82

録音: 6 February 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1540101
 
**:**
運命の女神たちの歌 Op. 89
6.

Gesang der Parzen, Op. 89

録音: 11 January 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Warsaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1540102
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
ブラームスの合唱作品と言えば、まず最初に頭に浮かぶのが「ドイツ・レクイエム」ですが、彼は他にも素晴らしい合唱曲をいくつも書いています。彼が最初に合唱曲を書いたのは1957年の時。ここに収録されたアヴェ・マリアになります。その後、1863年にウィーンのジンクアカデミーから指揮者としての招聘を受け、聴衆受けのするバッハのカンタータや自らの「ドイツ・レクイエム」を初演しつつ、合唱の素材をものにし、素晴らしい作品を創り上げていくことになります。その後に書かれた「アルト・ラプソディ」(ゲーテの『冬のハルツ紀行』の断章)や、「運命の歌」での荘厳さはブラームスでなければ書けない深い世界が広がります。また画家フォイエルバハの追悼のために書かれた「悲歌」は悲しみに満ちた内容でありながらも、優しさと希望の光にも満ちた美しい音楽です。絶望しかけた時に、こんな曲が聞こえてきたら・・・。
レビュアー: miwaosa 投稿日:2012/01/28
『アヴェ・マリア』『埋葬の歌』『アルト・ラプソディ』『哀悼の歌』『運命の女神たちの歌』を収録。極上の演奏と優秀な録音が楽曲の素晴らしさを見事に表現し尽くしています。最上級のお薦めです ! あらゆる側面でナクソスのレベルがここまで高まったことに、一ファンとして感慨も一入です。このアルバムには深く感動しました。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。