ホーム > アルバム > 8.572696 ペンデレツキ:ピアノ協奏曲「復活」/フルート協奏曲(ダグラス/ドゥルゴスツ/ワルシャワ・フィル/ヴィト)

ペンデレツキ:ピアノ協奏曲「復活」/フルート協奏曲(ダグラス/ドゥルゴスツ/ワルシャワ・フィル/ヴィト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572696
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
クシシュトフ・ペンデレツキ Krzysztof Penderecki
アーティスト
アントニ・ヴィト Antoni Wit , バリー・ダグラス Barry Douglas , ルーカス・ドゥゴシュ Łukasz Długosz , ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団 Warsaw Philharmonic Orchestra

ペンデレツキ:ピアノ協奏曲「復活」/フルート協奏曲(ダグラス/ドゥルゴスツ/ワルシャワ・フィル/ヴィト)

PENDERECKI, K.: Piano Concerto, "Resurrection" / Flute Concerto (B. Douglas, Dlugosz, Warsaw Philharmonic, Wit)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572696

全トラック選択/解除

クシシュトフ・ペンデレツキ - Krzysztof Penderecki (1933-)

**:**
ピアノ協奏曲 「復活」(2007年改訂版)

Piano Concerto, "Resurrection" (revised 2007 version)

録音: 17, 18 June 2010, Warsaw Philharmonic Hall, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2630078
**:**
»  Allegro molto sostenuto -
1.

-

**:**
»  Adagio -
2.

-

**:**
»  Allegro moderato molto -
3.

-

**:**
»  Adagio -
4.

-

**:**
»  Allegretto capriccioso -
5.

-

**:**
»  Grave -
6.

-

**:**
»  Allegro sostenuto molto -
7.

-

**:**
»  Andante maestoso -
8.

-

**:**
»  Allegro molto sostenuto (Tempo dell'inizio) -
9.

-

**:**
»  Adagio
10.

-

 
**:**
フルート協奏曲

Flute Concerto

録音: 4, 5 October 2010, Witold Lutoslawski Concert Studio of the the Polish Radio, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2630079
**:**
»  Andante -
11.

-

**:**
»  Piu animato -
12.

-

**:**
»  Andante -
13.

-

**:**
»  Allegro con brio -
14.

-

**:**
»  Vivo
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/01
今回のペンデレツキの新録音は、なんと1986年チャイコフスキー国際コンクールの覇者バリー・ダグラスをソリストに迎えた「ピアノ協奏曲」を中心とした1枚。技巧派として知られる彼が繰り広げる華麗な音色がマッチした、およそペンデレツキの作品とは思えないプロコフィエフやラフマニノフ風の壮大なピアノ協奏曲を聴くことで最近の彼の求める方向性が見えてくるように思えてきます。2001年から2002年にかけて初稿が作曲され、初演はサバリッシュ指揮のフィラディルフィア管、ソリストはエマニュエル・アックスでした。2007年に改編版が作られ、ここでは作曲家自身が指揮するシンシナティ交響楽団とダグラスが演奏を担っています。全体は10の部分からなり、タイトルの「復活」には9.11からの影響も含まれているとのことで、最終部に現れる美しすぎる聖歌を耳にすると不思議な感動が呼び起されることでしょう。1992年のフルート協奏曲はペンデレツキらしさが横溢するものであり、この不定形な音の動きが却って安心できる音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。