ホーム > アルバム > 8.572750 サン=サーンス:ヴァイオリンとピアノのための作品全集 1 (クラマジラン/コーエン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572750
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns
アーティスト
ファニー・クラマジラン Fanny Clamagirand , ヴァニヤ・コーエン Vanya Cohen

サン=サーンス:ヴァイオリンとピアノのための作品全集 1 (クラマジラン/コーエン)

SAINT-SAENS, C.: Violin and Piano Music, Vol. 1 (Clamagirand, V. Cohen)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572750

全トラック選択/解除

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ短調 Op. 75

Violin Sonata No. 1 in D Minor, Op. 75

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2484355
**:**
»  I. Allegro agitato -
1.

-

**:**
»  I. Adagio
2.

-

**:**
»  II. Allegretto moderato -
3.

-

**:**
»  II. Allegro molto
4.

-

 
**:**
子守歌 変ロ長調 Op. 38
5.

Berceuse in B-Flat Major, Op. 38

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649317
 
**:**
エレジー ヘ長調 Op. 160
6.

Elegie in F Major, Op. 160

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649318
 
**:**
エレジー Op. 143
7.

Elegie in D Major, Op. 143

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649319
 
**:**
サラバンドとリゴードン Op. 93 (ヴァイオリンとピアノ版)

Sarabande et rigaudon, Op. 93 (version for violin and piano)

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649320
**:**
»  サラバンド
8.

-

Sarabande

**:**
»  リゴードン
9.

-

Rigaudon

 
**:**
ロマンス 変ニ長調 Op. 37 (ヴァイオリンとピアノ編)
10.

Romance in D-Flat Major, Op. 37 (version for violin and piano)

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649321
 
**:**
振り子時計のアリア イ短調
11.

L'air de la pendule in A Minor

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649322
 
**:**
三部作 ニ長調 Op. 136

Triptyque in D Major, Op. 136

録音: 13-15 June 2011, Wyastone Concert Hall, Monmouth, U.K.
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2649323
**:**
»  I. はじまり
12.

-

I. Premice

**:**
»  II. コンゴの幻想
13.

-

II. Vision Congolaise

**:**
»  III. おかしなこと
14.

-

III. Joyeusete

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/03/01
様々なジャンルに多くの作品を残したサン=サーンス(1835-1921)ですが、かつて彼は、ヴァイオリニストの友人に「私は室内楽以上に好きなものはない」と手紙を書き送ったほどに、このジャンルを愛していました。その中でも、ヴァイオリンのための作品には驚くほどの情熱が込められています。なかでもマルタン・マルシックに捧げられたヴァイオリン・ソナタ第1番は、4つの部分が切れ目なく演奏される、力強く美しいメロディに充たされた音楽です。元々ピアニストとしても素晴らしい能力を有していた彼、これらの作品のピアノ・パートの充実ぶりにも目を見張るものがあります。1912年に書かれた「三部作」は晩年の彼が至った境地を示すかのような深みを有しています。印象派の音楽が世を風靡していた時代、このような音楽を書いていた彼は時代遅れなのでしょうか?それとも信念を貫いた人なのでしょうか?演奏するのは、度々の来日ですっかり人気者となったファニー・クラマジラン。しっとりとした美音がサン=サーンスの魅力を引き出しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。