ホーム > アルバム > 8.572760 パヌフニク/ヴォーン・ウィリアムズ/タヴナー/グレツキ/マンテュヤルヴィ/ニューステッド:合唱作品集(エクスルターテ・シンガーズ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572760
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ピエール・ヴィレット Pierre Villette , レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ Ralph Vaughan Williams , ヘンリク・ミコワイ・グレツキ Henryk Mikołaj Górecki , ジョン・タヴナー John Tavener , クヌート・ニーステッド Knut Nystedt , ロクサンナ・パヌフニク Roxanna Panufnik , グスターヴ・ホルスト Gustav Holst , ヤーコ・マンテュヤルヴィ Jaakko Mäntyjärvi , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , ノリッチのジュリアン Julian of Norwich , 不詳 Anonymous , ジョン・ブニャン John Bunyan , マリア・ボグスラフスカ Maria Boguslawska , Roland Bouheret
アーティスト
エクスルターテ・シンガーズ Exultate Singers , デイヴィッド・オグデン David Ogden , レベッカ・クインシー Rebecca Quiney , オリヴァー・コンディ Oliver Condy , リチャード・メイ Richard May

パヌフニク/ヴォーン・ウィリアムズ/タヴナー/グレツキ/マンテュヤルヴィ/ニューステッド:合唱作品集(エクスルターテ・シンガーズ)

Choral Music: Exultate Singers - PANUFNIK, R. / VAUGHAN WILLIAMS, R. / TAVENER, J. / GORECKI, H. / MANTYJARVI, J. / NYSTEDT, K. (All Shall be Well)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572760

全トラック選択/解除

ロクサンナ・パヌフニク - Roxanna Panufnik (1968-)

**:**
オール・シャル・ビー・ウェル
1.

All Shall be Well

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992791

グスターヴ・ホルスト - Gustav Holst (1874-1934)

**:**
今こそ主よ、僕を去らせたまわん(ヌンク・ディミティス)
2.

Nunc dimittis

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992792

レイフ・ヴォーン・ウィリアムズ - Ralph Vaughan Williams (1872-1958)

**:**
真理のために勇敢に
3.

Valiant for Truth

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992793

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
徹夜祷 Op. 37 - アヴェ・マリア 「生神童貞女や喜べよ」
4.

All-night Vigil, Op. 37, "Vespers": Hail, O Virgin Mother (Ave Maria)

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992794

ジョン・タヴナー - John Tavener (1944-2013)

**:**
「聖なるもの」
5.

Svyati, "O Holy One"

録音: 11-12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992795

ヘンリク・ミコワイ・グレツキ - Henryk Mikołaj Górecki (1933-2010)

**:**
すべてはあなたのもの Op. 60
6.

Totus Tuus, Op. 60

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992796

ヤーコ・マンテュヤルヴィ - Jaakko Mäntyjärvi (1963-)

**:**
おお、大いなる神秘
7.

O magnum mysterium

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992797

ピエール・ヴィレット - Pierre Villette (1926-1998)

**:**
聖母への賛歌 Op. 24
8.

Hymne a la Vierge, Op. 24

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992798

クヌート・ニーステッド - Knut Nystedt (1915-2014)

**:**
スターバト・マーテル Op. 111
9.

Stabat Mater, Op. 111

録音: 11, 12 June 2011, St George's, Bristol, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/1992799
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/04/01
様々な国や時代に息衝く献身と慰めの音楽。これらを幅広く集めた心安らぐ1枚です。ロシア正教の流れを組むラフマニノフ、タヴナーの神秘的な音楽や、賛美歌が盛んな国であるイギリスからはホルストとヴォーン・ウィリアムズの壮麗な神への祈り。そしてヴィレットとニューステットの2曲はマリアへの祈りです。「悲歌のシンフォニー」で知られるグレツキの作品は驚くほど力強いパワーを秘めたもので、これは彼の祖国ポーランドに教皇ヨハネ・パウロ二世が訪れた際の記念式典で歌われたもので、ラテン語の「Totus Tuus(全てはあなたのもの)」は教皇がモットーとしていた言葉です。クリスマスの神秘を歌ったマンティヤルヴィ、そしてタイトルにもなった作品は、ロクサナ・パヌフニクのもの。彼は名作曲家&指揮者アンジェイの息子であり、現代イギリスを代表する作曲家の一人でもあります。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。