ホーム > アルバム > 8.572773 エル=コーリー:ヴァイオリン協奏曲第1番/ホルン協奏曲/クラリネット協奏曲(ネムタヌ/ゲリエ/メッシーナ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572773
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ビシャーラ・エル=コーリー Bechara El-Khoury
アーティスト
オラリー・エルツ Olari Elts , ジャン=クロード・カザドシュ Jean-Claude Casadesus , ダヴィド・ゲリエ David Guerrier , サラ・ネムタヌ Sarah Nemtanu , パリ室内管弦楽団 Orchestre de Chambre de Paris , フランス国立管弦楽団 Orchestre National de France , クルト・マズア Kurt Masur , パトリック・メッシーナ Patrick Messina

エル=コーリー:ヴァイオリン協奏曲第1番/ホルン協奏曲/クラリネット協奏曲(ネムタヌ/ゲリエ/メッシーナ)

EL-KHOURY, B.: Violin Concerto No. 1 / Horn Concerto / Clarinet Concerto (Nemtanu, Guerrier, Messina, Masur, J.-C. Casadesus, Elts)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572773

全トラック選択/解除

ビシャーラ・エル=コーリー - Bechara El-Khoury (1957-)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 「Aux frontieres de nulle part」 Op. 62

Violin Concerto No. 1, Op. 62, "Aux frontieres de nulle part"

録音: 25 May 2006, Theatre des Champs-Elysees, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3664335
**:**
»  I. Misterioso - Lirico - Drammatico -
1.

-

**:**
»  II. Cadenza -
2.

-

**:**
»  III. Drammatico - Poetico - Presto con fuoco
3.

-

 
**:**
ホルン協奏曲 「ダーク・マウンテン」 Op. 74

Horn Concerto, Op. 74, "The Dark Mountain"

録音: 18 September 2009, Salle Olivier Messiaen, Maison de la Radio, Radio France, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3664336
**:**
»  I. Misterioso energico
4.

-

**:**
»  II. Poetico
5.

-

**:**
»  III. Drammatico energico
6.

-

 
**:**
クラリネット協奏曲 「秋の絵」 Op. 78

Clarinet Concerto, Op. 78, "Autumn Pictures"

録音: 10 November 2010, Theatre du Chatelet, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3664337
**:**
»  I. Cantabile
7.

-

**:**
»  II. Poetico
8.

-

**:**
»  III. Energico
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/07/01
レバノンの作曲家、ビシャーラ・エル=コーリー(1957-)。このアルバムはNAXOSにおける第5作目の作品集です。彼は多くの場合、自然からインスピレーションを受け、その音楽の中には瞑想、回想、そして夢が含まれています。タイトルを持つ作品が多いのですが、これは特定の何かを暗示するのではなく、どちらかというと雰囲気重視であり、この3つの協奏曲もレバノンの自然風景などを想起させるものです。とは言え、ヴァイオリン協奏曲は2002年にレバノンで開催された「フランコフォニー国際機関」サミットからの委嘱作で、メシアンが提唱した「移調の限られた旋法」に基づくモティーフが使われ、神秘的な雰囲気を醸し出しています。第2楽章はそのままカデンツァで、ソリストには超絶技巧が要求されます。ホルン協奏曲は、彼が子供時代に経験した山の中の風景の思い出が織り込まれています。山の陰鬱さと雄大さは、人間の脆弱さをも描き出します。「秋の絵」も彼の記憶の中にある風景描写で、高い空の雲や東の空の色などが反映されているといいます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。