ホーム > アルバム > 8.572806 バツェヴィチ:弦楽四重奏曲全集 1 - 第1番、第3番、第6番、第7番(ルトスワフスキ四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572806
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
グラジナ・バツェヴィチ Grażyna Bacewicz
アーティスト
ルトスワフスキ四重奏団 Lutosławski Quartet

バツェヴィチ:弦楽四重奏曲全集 1 - 第1番、第3番、第6番、第7番(ルトスワフスキ四重奏団)

BACEWICZ, G.: String Quartets (Complete), Vol. 1 - Nos. 1, 3, 6, 7 (Lutosławski Quartet)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572806

全トラック選択/解除

グラジナ・バツェヴィチ - Grażyna Bacewicz (1909-1969)

**:**
弦楽四重奏曲第6番

String Quartet No. 6

録音: 15-17 November 2012, Wroclaw Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4207826
**:**
»  I. Andante - Vivo
1.

-

**:**
»  II. Vivace
2.

-

**:**
»  III. Grave
3.

-

**:**
»  IV. dotted quarter note = 114
4.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第1番

String Quartet No. 1

録音: 11-17 December 2012, Wroclaw Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4207827
**:**
»  I. Moderato - Più mosso
5.

-

**:**
»  II. Tema con variazioni
6.

-

**:**
»  III. Vivo
7.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第3番

String Quartet No. 3

録音: 15-17 November 2012, Wroclaw Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4207828
**:**
»  I. Allegro ma non troppo
8.

-

**:**
»  II. Andante
9.

-

**:**
»  III. Vivo
10.

-

 
**:**
弦楽四重奏曲第7番

String Quartet No. 7

録音: 15-17 November 2012, Wroclaw Philharmonic Concert Hall, Wroclaw, Poland
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/4207829
**:**
»  I. Allegro
11.

-

**:**
»  II. Grave
12.

-

**:**
»  III. Con vivezza
13.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/06/01
グラジナ・バツェヴィチ(1909-1969)は国際的に認知された「初のポーランド女性作曲家」であり、最近、その作品への注目がたかまっています。音楽学者エイドリアン・トーマスは、彼女の弦楽四重奏曲を「20世紀のポーランド音楽…もしくは20世紀の音楽作品の中で最も重要な作品群」と評しました。それほどまでに、これらの作品は独創的であり印象的で、どの曲にも見事な対位法、強い感情表現、そして散りばめられた遊び心など、凝縮された思念が込められています。1939年に初演された第1番は、恐らくパリ音楽院時代の作品ですが、そのスコアは失われており、今回演奏で用いたのは1998年に公開されたS.B.ドヴォレツキの複写版です。第2楽章、変奏曲の主題はリトアニア民謡から取られており、彼女の父親の祖国の音楽を彷彿させるものとなっています。新古典派風の第3番も魅力的ですが、第6番、第7番などの後期の作品がとりわけ興味深いものとして印象に残ることでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。