ホーム > アルバム > 8.572833 ブライアン:交響曲第22番, 第23番, 第24番/イギリス組曲第1番(新ロシア国立響/ウォーカー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572833
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ハヴァーガル・ブライアン Havergal Brian
アーティスト
アレクサンダー・ウォーカー Alexander Walker , 新ロシア国立交響楽団 New Russia State Symphony Orchestra

ブライアン:交響曲第22番, 第23番, 第24番/イギリス組曲第1番(新ロシア国立響/ウォーカー)

BRIAN, H.: Symphonies Nos. 22, 23, 24 / English Suite No. 1 (New Russia State Symphony, A. Walker)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572833

全トラック選択/解除

ハヴァーガル・ブライアン - Havergal Brian (1876-1972)

**:**
交響曲第22番 「小交響曲」

Symphony No. 22, "Symphonia brevis"

録音: 26-27 and 30-31 August 2012, Russian State TV & Radio Company Kultura, Studio 5, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2704398
**:**
»  I. Maestoso e ritmico
1.

-

**:**
»  II. Tempo di Marcia e Ritmico
2.

-

 
**:**
交響曲第23番

Symphony No. 23

録音: 26-27 and 30-31 August 2012, Russian State TV & Radio Company Kultura, Studio 5, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2704399
**:**
»  I. Moderato
3.

-

**:**
»  II. Adagio non troppo ma pesante
4.

-

 
**:**
交響曲第24番 ニ長調
5.

Symphony No. 24 in D Major

録音: 26-27 and 30-31 August 2012, Russian State TV & Radio Company Kultura, Studio 5, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2704400
 
**:**
イギリス組曲第1番 Op. 12

English Suite No. 1, Op. 12

録音: 26-27 and 30-31 August 2012, Russian State TV & Radio Company Kultura, Studio 5, Moscow, Russia
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2704401
**:**
»  I. Characteristic March
6.

-

**:**
»  II. Valse
7.

-

**:**
»  III. Under the Bench Tree
8.

-

**:**
»  IV. Interlude
9.

-

**:**
»  V. Hymn
10.

-

**:**
»  VI. Carnival
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/04/01
途方もない交響曲を数多く書いたことで知られる作曲家ハヴァーガル・ブライアン(1876-1972)。今回はお待ちかねの新録音が登場しました。生涯に32曲もの交響曲を書いた彼ですが、そのうちの27曲以上は、晩年と言える72歳から92歳の間に書かれています。ここに収録された3つの交響曲は88歳から89歳の作品であり、規模こそコンパクトなものの強烈な独自性を持っています。またこの3曲は密接に関係しているため、もしかしたら3曲で「一つの交響曲」として捉えることも可能かもしれません。一転、彼の出世作となった「イングランド組曲」はチャイコフスキーの「くるみわり人形」組曲から影響を受けたものであり、イングランドの風景を音に封じ込めた魅力的な音楽ですが、すでに破天荒なブライアンの気質がよく現れているのも面白いところです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。