ホーム > アルバム > 8.572840 イートン・クワイア・ブックからの音楽(トーヌス・ペレグリヌス/ピッツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572840
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ロバート・ウィルキンソン Robert Wilkinson , ヒュー・ケリーク Hugh Kellyk , ウィリアム・ストラットフォード修道士 William Monk of Stratford , リチャード・デイヴィ Richard Davy , 不詳 Anonymous , ジョン・ブラウン John Browne , ワルター・ランビ Walter Lambe
作詞家
新約聖書 Bible - New Testament , 不詳 Anonymous
アーティスト
トーヌス・ペレグリヌス Tonus Peregrinus , アンソニー・ピッツ Antony Pitts

イートン・クワイア・ブックからの音楽(トーヌス・ペレグリヌス/ピッツ)

Choral Music - Music from the Eton Choirbook (Tonus Peregrinus, Pitts)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572840

全トラック選択/解除

ワルター・ランビ - Walter Lambe (1450-1499)

**:**
処女なる御母は男を知らず
1.

Nesciens mater

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118867
**:**
マニフィカト
2.

Magnificat

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118868

不詳 - Anonymous

**:**
処女なる御母は男を知らず
3.

Nesciens mater (Sarum chant)

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118869

リチャード・デイヴィ - Richard Davy (1465-1538)

**:**
主の受難
4.

Passio Domini

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118870

ジョン・ブラウン - John Browne (1480-1505)

**:**
スターバト・マーテル
5.

Stabat Mater

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118871

ヒュー・ケリーク - Hugh Kellyk

**:**
マニフィカト
6.

Magnificat

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118872

ロバート・ウィルキンソン - Robert Wilkinson (1475-1515)

**:**
クレド・イン・デウム
7.

Jesus autem transiens - Credo in Deum

録音: 11-14 July 2011, St Alban the Martyr, Holborn, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2118873
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/07/01
イートン・クワイアブックは15世紀末頃に編纂された、英語による神聖な音楽を集めた豪華な彩色写本コレクションの一つです。24人の異なる作曲家による音楽が含まれていますが、完全な形で残っているのはごく僅かですが、イギリスの初期ルネッサンス・ポリフォニーの発展の段階を示す重要な作品が含まれています。単声聖歌などの小さい編成で歌われる初期の作品から、J.ブラウンやR.デイヴィ、W.ラムの定旋律技法に基づいた曲への発展などが見てとれます。ルネサンス期の音楽の完璧なる解釈で知られる、トーヌス・ペレグリヌスの愉悦感あふれる演奏で。録音 2011年7月11-14日 UK ロンドン,ホルボーン セント・アルバン・マルトリー

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。