ホーム > アルバム > 8.572870 トゥイレ:ヴァイオリンとピアノのための作品全集(ロリャーノ/ルイージ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572870
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルートヴィヒ・トゥイレ Ludwig Thuille
アーティスト
ジャンルカ・ルイージ Gianluca Luisi , マルコ・ロリャーノ Marco Rogliano

トゥイレ:ヴァイオリンとピアノのための作品全集(ロリャーノ/ルイージ)

THUILLE, L.: Violin and Piano Works (Complete) (Rogliano, G. Luisi)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572870

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・トゥイレ - Ludwig Thuille (1861-1907)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第2番 ホ短調 Op. 30

Violin Sonata No. 2 in E Minor, Op. 30

録音: 19-21 September 2011, Teatro La Nuova Fenice, Osimo, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2618436
**:**
»  I. Allegro appassionato ma non troppo mosso
1.

-

**:**
»  II. Adagio molto
2.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro deciso
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ短調 Op. 1

Violin Sonata No. 1 in D Minor, Op. 1

録音: 19-21 September 2011, Teatro La Nuova Fenice, Osimo, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2619444
**:**
»  I. Allegro risoluto
4.

-

**:**
»  II. Scherzo: Molto allegro - Meno mosso
5.

-

**:**
»  III. Adagio cantabile
6.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro di molto
7.

-

 
**:**
アレグロ・ジュスト Op. 39
8.

Allegro giusto, Op. 39

録音: 19-21 September 2011, Teatro La Nuova Fenice, Osimo, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2619445
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/01/01
オーストリア出身のドイツの作曲家テュイレ(1861-1907 トゥイレとも)のヴァイオリン・ソナタを中心とした1枚です。1880年に作曲された第1番のソナタは、彼の師であったラインベルガーに捧げられた作品ですが、暗さの中に溢れるような情熱の発露が素晴らしく、とりわけ第1楽章のメロディの動きは、おそらく後のR.シュトラウスのヴァイオリン・ソナタに大きな影響を与えているのではと推測したくなるような素晴らしさです。テュイレとR.シュトラウスは親友同士でしたが、現在ではどうしてもテュイレの存在は影に隠れてしまいがち。しかしこのヴァイオリン・ソナタを聴く限りでは、甲乙付けがたい才能を有していたことは間違いないでしょう。1904年に出版された第2番は、フランスのヴァイオリニスト、アンリ・マルトーに捧げられたもので、一層自由な表現力を備えた力作です。なお、本当のところは「テュイレ」も「トゥイレ」も呼び方としては間違いで、フランス風の「テュイユ」と読むのが正しいのだそうです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。