ホーム > アルバム > 8.572915 トゥリーナ:ピアノ作品集 9 - セビリャの街角/セヴィリャの通りに/コンテンプラシオン(マソ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572915
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ホアキン・トゥリーナ Joaquín Turina
アーティスト
ホルディ・マソ Jordi Masó

トゥリーナ:ピアノ作品集 9 - セビリャの街角/セヴィリャの通りに/コンテンプラシオン(マソ)

TURINA, J.: Piano Music, Vol. 9 (Masó) - Rincones sevillanos / Por las calles de Sevilla / Contemplacion

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572915

全トラック選択/解除

ホアキン・トゥリーナ - Joaquín Turina (1882-1949)

**:**
セビリャの街角 Op. 5

Rincones sevillanos, Op. 5

録音: 27-28 July 2012, Auditorium, Jafre, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2800162
**:**
»  I. Noche de verano en la azotea
1.

-

**:**
»  II. Ronda de ninos
2.

-

**:**
»  III. Danza de seises en la Catedral
3.

-

**:**
»  IV. A los toros!
4.

-

 
**:**
組曲「ヒラルダの伝説」 Op. 40
5.

Le leyenda de la Giralda, Op. 40

録音: 27-28 July 2012, Auditorium, Jafre, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2939214
 
**:**
セヴィリャの通りに Op. 96

Por las calles de Sevilla, Op. 96

録音: 27-28 July 2012, Auditorium, Jafre, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2939215
**:**
»  I. Reflejos de la torre
6.

-

**:**
»  II. Ante la Virgen de la Merced
7.

-

**:**
»  III. La calle de las Sierpes
8.

-

 
**:**
コンテンプラシオン Op. 99

Contemplacion, Op. 99

録音: 27-28 July 2012, Auditorium, Jafre, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2939216
**:**
»  I. Ante La Anunciacion de Fra Angelico
9.

-

**:**
»  II. Ante La Dama de Elche
10.

-

**:**
»  III. Ante Las Lanzas de Velazquez
11.

-

 
**:**
我が家のテラスにて Op. 104

Desde mi terraza, Op. 104

録音: 27-28 July 2012, Auditorium, Jafre, Spain
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2939217
**:**
»  I. A la sombra del mucharabieh
12.

-

**:**
»  II. Armonias de la ciudad
13.

-

**:**
»  III. Sinfonia de flores
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/06/01
トゥリーナ(1882-1949)のピアノ作品集も第9集。ステキなこれらの曲が何故あまり知られていないのか?と疑問に思うばかりですが、恐らく曲の持つ力を存分に引き出せるピアニストがマソ以外にいなかったのかも知れません。今作も何とも刺激的で魅力的な曲ばかりが集められています。アルバムに収録されている作品は作曲年の順を追って並べられており、はじめから聞いていくと彼の作風の熟成が見て取れるという趣向です。初期の作品である「セビリャの街角」は、民族的な素材をフランス風に料理した軽妙な作品。当時、印象派に影響を受けていた彼らしい音楽と言えるでしょう。それから30年ほど経過して、トゥリーナが同じセビリャの風景を音楽にした時に生じる作風の変遷は、とても見事なものであり、彼がどれほどまでに「自らの音楽」を創り上げたかが瞬時に理解できるのではないでしょうか?

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。