ホーム > アルバム > 8.572994 ボッテジーニ:レクイエム(マテウ/コマ=アラベール/プルネル=フレンド/ジョイフル・カンパニー・オブ・シンガーズ/ロンドン・フィル/マルティン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572994
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(宗教曲)
作曲家
ジョヴァンニ・ボッテジーニ Giovanni Bottesini
作詞家
ミサ典礼文 Mass Text
アーティスト
ジェンマ・コマ=アラベール Gemma Coma-Alabert , ジョイフル・カンパニー・オブ・シンガーズ Joyful Company of Singers , アグスティン・プルネル=フレンド Agustin Prunell-Friend , トーマス・マーティン Thomas Martin , マルタ・マテウ Marta Matheu , エンリク・マルティネス=カスティニャーニ Enric Martinez-Castignani , ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団 London Philharmonic Orchestra

ボッテジーニ:レクイエム(マテウ/コマ=アラベール/プルネル=フレンド/ジョイフル・カンパニー・オブ・シンガーズ/ロンドン・フィル/マルティン)

BOTTESINI, G.: Messa da Requiem (Matheu, Coma-Alabert, Prunell-Friend, Martinez-Castignani, Joyful Company of Singers, London Philharmonic, T. Martin)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.572994

全トラック選択/解除

ジョヴァンニ・ボッテジーニ - Giovanni Bottesini (1821-1889)

**:**
レクイエム

Messa da Requiem

録音: 15, 16 February 2012, Henry Wood Hall, London, UK
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2619905
**:**
»  Introit: Requiem aeternam - Kyrie (Solo Quartet, Chorus)
1.

-

**:**
»  Sequence: Dies irae (Chorus)
2.

-

**:**
»  Sequence: Quid sum miser (Tenor)
3.

-

**:**
»  Sequence: Quaerens me (Chorus)
4.

-

**:**
»  Sequence: Ingemisco (Bass)
5.

-

**:**
»  Sequence: Confutatis (Solo Quartet, Chorus)
6.

-

**:**
»  Sequence: Lacrymosa (Solo Quartet, Chorus)
7.

-

**:**
»  Offertory: Domine Jesu (Soprano)
8.

-

**:**
»  Sanctus (Chorus)
9.

-

**:**
»  Benedictus (Solo Quartet)
10.

-

**:**
»  Agnus Dei: Agnus Dei (Soprano, Alto)
11.

-

**:**
»  Agnus Dei: Requiem aeternam (Chorus)
12.

-

**:**
»  Agnus Dei: Libera me (Alto, Chorus)
13.

-

**:**
»  Agnus Dei: Dies illa (Solo Quartet, Chorus)
14.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/01/01
家が貧しかったため、音楽を学ぶために、音楽院の奨学金枠に空きのあった「コントラバス」を選択したというイタリアの作曲家ボッテジーニ(1821-1889)。結局彼がこの選択をしたおかげで、現代におけるコントラバスのレパートリーがどれほど豊かになったかはご存じの通りです。そんな彼は指揮者としても才能を発揮し、一番有名な仕事としては、ヴェルディのアイーダの世界初演を果たしたことで知られています。そんな才能溢れる彼のレクイエムは、1877年に彼の弟ルイージの死を悼んで作曲されたもので、(当時女性が教会で歌うことを許されていなかったため最初は女声なしで書かれています)、初演の一年後にはミラノの国立音楽博覧会で銀メダルを受賞するほど評判となりました。しかし、どうしてもその3年前に書かれたヴェルディの「レクイエム」と比較されてしまい、演奏機会もなくなり、1979年に蘇演されるまではすっかり忘れられてしまったのです。改めて聞いてみると、ヴェルディの作品にはないバランスの良さや繊細さなどが際立つ「隠れた名曲」であることが理解できるのではないでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。