ホーム > アルバム > 8.573005 カゼッラ:序奏、アリアとトッカータ/パルティータ/「蛇女」組曲第1番、第2番(キム・ヒユン/ローマ響/ラ・ヴェッキア)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/DL音源/チケット販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573005
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
アルフレード・カゼッラ Alfredo Casella
アーティスト
ユ・ソンヒ Sun Hee You , フランチェスコ・ラ・ヴェッキア Francesco La Vecchia , ローマ交響楽団 Orchestra Sinfonica di Roma

カゼッラ:序奏、アリアとトッカータ/パルティータ/「蛇女」組曲第1番、第2番(キム・ヒユン/ローマ響/ラ・ヴェッキア)

CASELLA, A.: Donna serpente Suites (La) / Introduzione, aria e toccata / Partita (Sun Hee You, Rome Symphony, La Vecchia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573005

全トラック選択/解除

アルフレード・カゼッラ - Alfredo Casella (1883-1947)

**:**
序奏、アリアとトッカータ Op. 55

Introduzione, aria e toccata, Op. 55

録音: 16, 17 October 2011, Auditorium Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2345290
**:**
»  Introduzione: Largo e solenne
1.

-

**:**
»  Aria
2.

-

**:**
»  Toccata: Allegro un poco moderato e man mano movendo
3.

-

 
**:**
パルティータ Op. 42

Partita, Op. 42

録音: 27, 28 June 2011, OSR Studios, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2460513
**:**
»  I. Sinfonia
4.

-

**:**
»  II. Passacaglia
5.

-

**:**
»  III. Burlesca
6.

-

 
**:**
「蛇女」組曲第1番 Op. 50bis

La donna serpente Suite No. 1, Op. 50bis

録音: 25, 26 March 2012, Auditorium Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2460514
**:**
»  I. Musica del sogno di re altidor: Andante
7.

-

**:**
»  II. Interludio: Andante moderato
8.

-

**:**
»  III. Marcia Guerriera: Tempo di marcia
9.

-

 
**:**
「蛇女」組曲第2番 Op. 50ter

La donna serpente Suite No. 2, Op. 50ter

録音: 25-26 March 2012, Auditorium Conciliazione, Rome, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2460515
**:**
»  I. Sinfonia: Allegro vivacissimo
10.

-

**:**
»  II. Preludio: Lento, ma non troppo
11.

-

**:**
»  III. Battaglia - IV. Finale: Allegro vivacissimo
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: アルバム紹介(公式) 投稿日:2012/10/01
最近人気が急上昇中の作曲家の一人、カゼッラ(1883-1947)。NAXOSでも相次いでのリリースとなります。カゼッラの音楽を聴く喜びの一つには、圧倒的な音響効果にあると言えましょう。彼が強い影響を受けたマーラーをも凌駕するほどの厚みのあるサウンドと精緻な対位法やプロコフィエフやストラヴィンスキーを思わせる新古典派的な音の動きは、聴けば聴くほどに興味を誘うものです。今回の3つの作品も面白いものばかりで、世界初録音となる「序奏~」は、まさに擬古典主義の音楽で、まるで映画音楽ばりの冒頭から引きこまれること間違いありません。諧謔的な楽しさに満ちたパルティータと、オペラ「蛇女」からの交響的断章も聴きどころたっぷりです。この「蛇女」はカルロ・ゴッツィの原作からなる寓話劇で、あのワーグナーのオペラ「妖精」も同じ原作からなるものです。精緻なオーケストラの響きを楽しみたい人にぜひオススメしたい1枚です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。