ホーム > アルバム > 8.573009 フング:ピアノ協奏曲「ドリームスケープ」/ヴァイオリン協奏曲/グリンプセズ(クリスティン/ハニック/メトロポリス・アンサンブル/シル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573009
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
ヴィヴィアン・フォン Vivian Fung
アーティスト
アンドリュー・シル Andrew Cyr , コナー・ハニック Conor Hanick , メトロポリス・アンサンブル Metropolis Ensemble , クリスティン・リー Kristi Lee

フング:ピアノ協奏曲「ドリームスケープ」/ヴァイオリン協奏曲/グリンプセズ(クリスティン/ハニック/メトロポリス・アンサンブル/シル)

FUNG, Vivian: Piano Concerto, "Dreamscapes" / Violin Concerto / Glimpses (Kristin Lee, Hanick, Metropolis Ensemble, Cyr)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573009

全トラック選択/解除

ヴィヴィアン・フォン - Vivian Fung (1975-)

**:**
ヴァイオリン協奏曲
1.

Violin Concerto

録音: 7-8 September 2011, Seiji Ozawa Hall, Tanglewood, Lenox, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2311877
 
**:**
グリンプセズ

Glimpses

録音: 2 November 2011, Oktaven Audio, Yonkers, New York, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2311878
**:**
»  I. Kotekan
2.

-

**:**
»  II. Show
3.

-

**:**
»  III. Chant
4.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲 「ドリームスケープ」
5.

Piano Concerto, "Dreamscapes"

録音: 7-8 September 2011, Seiji Ozawa Hall, Tanglewood, Lenox, Massachusetts, USA
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2311879
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/08/01
カナダのエドモントンに生まれ、現在はニューヨークに住む女性作曲家、ヴィヴィアン・フォン(1975-)。彼女の両親はベトナム生まれの中国人亡命者であり、もちろん彼女もアジアの影響を強く受けていることは間違いありません。このアルバムに収録された3つの作品は、インドネシアのガムラン音楽に起源を持ち、東洋と西洋の文化が見事に融合された響きをみせてくれています。完成されたばかりのヴァイオリン協奏曲は、彼女の良き理解者であるヴァイオリニスト、リーのために作曲されたものです。2009年に「ピアノ協奏曲」が初演された時にリーがコンサート・マスターを務めていて、その時に意気投合したという二人。このヴァイオリン協奏曲を作曲する際も、連れだってバリへ行き、様々な要素を吸収してきたのだとか。2006年に書かれたプリペアド・ピアノのための「面影」は、明らかにジョン・ケージからヒントを得ている曲ですが、その響きは多彩であり、ゲーム音楽に慣れた現代の人の耳には、却って懐かしささえ感じさせる音かもしれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。