ホーム > アルバム > 8.573019 カゼッラ:協奏曲 Op. 40/5つの小品 Op. 34/トゥルキ:コンチェルト・ブレーヴェ(ヴェネツィア弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573019
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
アルフレード・カゼッラ Alfredo Casella , グイド・トゥルキ Guido Turchi
アーティスト
ヴェネツィア弦楽四重奏団 Quartetto d'Archi di Venezia

カゼッラ:協奏曲 Op. 40/5つの小品 Op. 34/トゥルキ:コンチェルト・ブレーヴェ(ヴェネツィア弦楽四重奏団)

CASELLA, A.: Concerto, Op. 40 / 5 Pieces, Op. 34 / TURCHI, G.: Concerto breve (Quartetto d'Archi di Venezia)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573019

全トラック選択/解除

アルフレード・カゼッラ - Alfredo Casella (1883-1947)

**:**
協奏曲 Op. 40

Concerto, Op. 40

録音: 7, 8 November 2012, Area Studio, Preganziol, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3200282
**:**
»  I. Sinfonia: Allegro brioso e deciso
1.

-

**:**
»  II. Siciliana: Andante dolcemente mosso
2.

-

**:**
»  III. Minuetto, Recitativo, Aria: Allegretto grazioso e molto moderato
3.

-

**:**
»  IV. Canzone: Allegro giocoso e vivacissimo
4.

-

 
**:**
5つの小品 Op. 34

5 Pieces, Op. 34

録音: 21, 22 August 2012, Area Studio, Preganziol, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3200283
**:**
»  No. 1. Preludio
5.

-

**:**
»  No. 2. Ninna-Nanna
6.

-

**:**
»  No. 3. Valse Ridicule
7.

-

**:**
»  No. 4. Notturno
8.

-

**:**
»  No. 5. Fox-Trot
9.

-

グイド・トゥルキ - Guido Turchi (1916-2010)

**:**
コンチェルト・ブレーヴェ

Concerto breve

録音: 21, 22 August 2012, Area Studio, Preganziol, Treviso, Italy
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3200284
**:**
»  I. Elegia: Molto lento -
10.

-

**:**
»  II. Allegro, un po' concitato -
11.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro, piùttosto vivace e ben ritmato
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
20世紀のイタリアにおいて、「弦楽四重奏曲」というものを復興させるのは並大抵のことではなかったようです。何しろ当時の聴衆たちはひたすら歌劇に夢中であり、器楽作品…交響曲のような大掛かりな作品ですら…ほとんどの人は見向きもしなかったのですから。そのため、当時この国を旅行した音楽家や雑誌執筆者は「イタリアでは『ヨーロッパ的な音楽』を鑑賞することができない」と嘆き、とりわけその分野での最高峰とも言える弦楽四重奏は存在すらも許されないかのような状況だったのです。そんな中でミラノとフィレンツェに「四重奏協会」が設立され、ヴェルディが会長になるべくオファーを受けたのですが、残念ながら彼は断ってしまいます。しかしカゼッラを始めとした器楽復興運動を擁護する人たちの手によって、少しずつ素晴らしい作品が生まれ、いつしか他の国に負けない作品が書かれるようになったのでした。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。