ホーム > アルバム > 8.573021 タンスマン:古風な様式による舞踏組曲/バラード第1番 - 第3番/アラベスク/5つの印象/8つの歌(レイエス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573021
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
アレクサンドル・タンスマン Alexandre Tansman
アーティスト
エリアンヌ・レイエ Eliane Reyes

タンスマン:古風な様式による舞踏組曲/バラード第1番 - 第3番/アラベスク/5つの印象/8つの歌(レイエス)

TANSMAN, A.: Piano Music - Ballades Nos. 1-3 / Arabesques / Suite dans le style ancien / 5 Impressions / 8 Cantilenes (Reyes)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573021

全トラック選択/解除

アレクサンドル・タンスマン - Alexandre Tansman (1897-1986)

**:**
古風な様式による舞踏組曲

Suite dans le style ancien

録音: January, May and July 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3348837
**:**
»  I. Entree
1.

-

**:**
»  II. Sarabande
2.

-

**:**
»  III. Gavotte
3.

-

**:**
»  IV. Choral fugue
4.

-

**:**
»  V. Aria
5.

-

**:**
»  VI. Toccata
6.

-

 
**:**
バラード第1番
7.

Ballade No. 1

録音: January, May and July 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3351144
 
**:**
バラード第2番
8.

Ballade No. 2

録音: January, May and July 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3351145
 
**:**
バラード第3番
9.

Ballade No. 3

録音: January, May 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3351146
 
**:**
アラベスク

Arabesques

録音: January, May and July 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3351147
**:**
»  No. 1. Intermezzo
10.

-

**:**
»  No. 2. Mazurka (Hommage a Chopin)
11.

-

**:**
»  No. 3. Nocturne
12.

-

**:**
»  No. 4. Fanfare
13.

-

**:**
»  No. 5. Berceuse
14.

-

**:**
»  No. 6. Danza
15.

-

 
**:**
5つの印象

5 Impressions

録音: January, May and July 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3351148
**:**
»  No. 1. Calme
16.

-

**:**
»  No. 2. Burlesque
17.

-

**:**
»  No. 3. Triste
18.

-

**:**
»  No. 4. Anime
19.

-

**:**
»  No. 5. Nocturne
20.

-

 
**:**
8つの歌

8 Cantilenes, "Homage to J.S. Bach"

録音: January, May and July 2013, Recital Studio B, Tihange, Belgium
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/3351149
**:**
»  No. 1. Prelude
21.

-

**:**
»  No. 2. Arioso
22.

-

**:**
»  No. 3. Interlude
23.

-

**:**
»  No. 4. Choral I
24.

-

**:**
»  No. 5. Invention
25.

-

**:**
»  No. 6. Choral II
26.

-

**:**
»  No. 7. Fuga
27.

-

**:**
»  No. 8. Postlude
28.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/12/01
ポーランド、ウッチ出身のアレクサンドル・タンスマン(1897-1986)。しかし彼の活動の場はもっぱらフランスであり、パリで知り合った芸術家たちに大いなる影響を受け、一時は「六人組」に誘われるほどにこの地に溶け込んだ人でした。ただ、ユダヤの血をひいていたため、1941年にはアメリカに亡命せざるを得なく、戦後にパリに戻った時にはすでに時流に乗り遅れてしまい、またポーランド音楽の研究を始めたという興味深い変遷を辿ることになるのです。このアルバムにはそんな彼らしい、多くの影響や共鳴を感じさせる様々なスタイルを持つピアノ曲が並んでいます。ネオ・バロック様式で書かれた「組曲」は個人的な告白よりも当時の流行を追求したものでしょう。「アラベスク」は詩的な内容を持つ曲が並べられています。この夜想曲はショパンよりもスクリャービンよりの雰囲気を持っています。ロマン派よりも新古典派の作風に近い「5つの印象」、タンスマンの内なる声とも言える、悲劇的な様相を持つ「3つのバラード」。そしてルービンシュタインに捧げられた「8つの歌」はバッハヘのオマージュです。彼の心の祖国はどこだったのでしょうね。
レビュアー: タカシ 投稿日:2014/11/12
どの曲も端正で、しかしけっしてうわべだけの美しさではなく、静かに輝く水晶のような光を放っています。同時に、寂寞として孤独なたたずまいも感じさせます。漂白の人生を送った作者の姿を重ね合わせるからでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。