ホーム > アルバム > 8.573032 プーランク/バーンスタイン/ストラヴィンスキー/M. グールド/バルトーク:クラリネットを伴う室内楽作品集(ウェイティング・フォー・ベニー)(エルヴェ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573032
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 室内楽
作曲家
ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin , モートン・グールド Morton Gould , イーゴリ・ストラヴィンスキー Igor Stravinsky , レナード・バーンスタイン Leonard Bernstein , ベーラ・バルトーク Béla Bartók , フランシス・プーランク Francis Poulenc
編曲者
ジェームズ・コーン James Cohn
アーティスト
ジュリアン・エルヴェ Julien Hervé , イン・ライ・グリーン Ying Lai Green , モード・ロヴェット Maud Lovett , Jean-Hisanori Sugitani

プーランク/バーンスタイン/ストラヴィンスキー/M. グールド/バルトーク:クラリネットを伴う室内楽作品集(ウェイティング・フォー・ベニー)(エルヴェ)

Chamber Music with Clarinet - POULENC, F. / BERNSTEIN, L. / STRAVINSKY, I. / GOULD, M. / BARTOK, B. (Waiting for Benny) (J. Herve)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573032

全トラック選択/解除

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
クラリネット・ソナタ FP 184

Clarinet Sonata, FP 184

録音: 25-28 July 2011, Conservatoire de Paris, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2391826
**:**
»  I. Allegro tristamente: Allegretto - Tres calme - Tempo allegretto
1.

-

**:**
»  II. Romanza: Tres calme
2.

-

**:**
»  III. Allegro con fuoco: Tres anime
3.

-

レナード・バーンスタイン - Leonard Bernstein (1918-1990)

**:**
クラリネット・ソナタ

Clarinet Sonata

録音: 25-28 July 2011, Conservatoire de Paris, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2783892
**:**
»  I. Grazioso
4.

-

**:**
»  II. Andantino - Vivace e leggiero
5.

-

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
3つの前奏曲(J. コーンによるクラリネットとピアノ編)

3 Preludes (arr. J. Cohn for clarinet and piano)

録音: 25-28 July 2011, Conservatoire de Paris, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2783893
**:**
»  No. 1 in B-Flat Major: Allegro ben ritmato e deciso
6.

-

**:**
»  No. 2 in C-Sharp Minor: Andante con moto e poco rubato
7.

-

**:**
»  No. 3 in E-Flat Minor: Allegro ben ritmato e deciso
8.

-

イーゴリ・ストラヴィンスキー - Igor Stravinsky (1882-1971)

**:**
クラリネット独奏のための3つの小品

3 Pieces for Solo Clarinet

録音: 25-28 July 2011, Conservatoire de Paris, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2783894
**:**
»  No. 1. Sempre piano e molto tranquillo: quarter note = 52
9.

-

**:**
»  No. 2. quarter note = 168
10.

-

**:**
»  No. 3. quarter note = 160
11.

-

モートン・グールド - Morton Gould (1913-1996)

**:**
ベニーズ・ギグ

Benny's Gig

録音: 25-28 July 2011, Conservatoire de Paris, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2783895
**:**
»  I. Slow and nostalgic
12.

-

**:**
»  II. Brisk, with drive
13.

-

**:**
»  III. Very slow and hesitant
14.

-

**:**
»  IV. Brisk
15.

-

**:**
»  V. Slowly
16.

-

**:**
»  VI. Calypso Serenade: Moderately moving
17.

-

**:**
»  VII. Lazily moving
18.

-

**:**
»  VIII. Jaunty
19.

-

ベーラ・バルトーク - Béla Bartók (1881-1945)

**:**
コントラスツ BB 116

Contrasts, BB 116

録音: 25-28 July 2011, Conservatoire de Paris, Paris, France
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2783896
**:**
»  I. Verbunkos (Recruiting Dance): Moderato, ben ritmato
20.

-

**:**
»  II. Piheno (Relaxation): Lento
21.

-

**:**
»  III. Sebes (Fast Dance): Allegro vivace
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/03/01
クラリネット界の巨匠、「スウィングの王様」ベニー・グッドマン(1909-1986)。彼はスウィング・ジャズの代表的存在であり、伝説的なバンドリーダーですが、クラシック音楽にも深い愛情を注いでおり、例えばモーツァルトの「クラリネット協奏曲」などの録音も存在し、また同世代であったバルトークとは親しい友人で、このアルバムに収録されている「コントラスツ」を献呈された時は、ヴァイオリニストのシゲティとともにこの曲を録音、これはNAXOSでも聴くことができる歴史的名演として存在しています(8.111343)。そんなグッドマンに触発された作曲家は数多く、例えばバーンスタインは自作の「前奏曲とフーガ」を捧げていますし、映画音楽で知られるモートン・グールドもグッドマンの友人で、彼のために2つの作品を書いています。プーランクのソナタは厳密にはグッドマンに捧げられたものではありませんが(オネゲルの墓前に捧げられたとされる)初演はバーンスタインの伴奏でグッドマンが行っています。ガーシュウインの「前奏曲」はジェームズ・コーンがグッドマンのためにクラリネット用に編曲したものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。