ホーム > アルバム > 8.573033 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第24番、第25番、第26番/ピアノ・ソナタ第17番(フルートとピアノ編)(ガロワ/プリンツ)

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第24番、第25番、第26番/ピアノ・ソナタ第17番(フルートとピアノ編)(ガロワ/プリンツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573033
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
編曲者
パトリック・ガロワ Patrick Gallois
アーティスト
パトリック・ガロワ Patrick Gallois , マリア・プリンツ Maria Prinz

モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第24番、第25番、第26番/ピアノ・ソナタ第17番(フルートとピアノ編)(ガロワ/プリンツ)

MOZART, W.A.: Violin Sonatas Nos. 24, 25, 26 / Piano Sonata No. 17 (arr. for flute and piano) (P. Gallois, Prinz)

このページのURL
https://ml.naxos.jp/album/8.573033

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ヴァイオリン・ソナタ第24番 ヘ長調 K. 376 (P. ガロワによるフルートとピアノ編)

Violin Sonata No. 24 in F Major, K. 376 (arr. P. Gallois for flute and piano)

録音: 4-6 June 2012, Casino Baumgarten, Vienna
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2562497
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Rondeau: Allegretto grazioso
3.

-

 
**:**
ピアノ・ソナタ第17番 変ロ長調 K. 570 (P. ガロワによるフルートとピアノ編)

Piano Sonata No. 17 in B-Flat Major, K. 570 (arr. P. Gallois for flute and piano)

録音: 4-6 June 2012, Casino Baumgarten, Vienna
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2619600
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Adagio
5.

-

**:**
»  III. Allegretto
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第25番 ヘ長調 K. 377 (P. ガロワによるフルートとピアノ編)

Violin Sonata No. 25 in F Major, K. 377 (arr. P. Gallois for flute and piano)

録音: 4-6 June 2012, Casino Baumgarten, Vienna
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2619601
**:**
»  I. Allegro
7.

-

**:**
»  II. Tema con variazioni
8.

-

**:**
»  III. Tempo di Menuetto: Un poco Allegretto
9.

-

 
**:**
ヴァイオリン・ソナタ第26番 変ロ長調 K. 378 (P. ガロワによるフルートとピアノ編)

Violin Sonata No. 26 in B-Flat Major, K. 378 (arr. P. Gallois for flute and piano)

録音: 4-6 June 2012, Casino Baumgarten, Vienna
この作品のURL
https://ml.naxos.jp/work/2619602
**:**
»  I. Allegro moderato
10.

-

**:**
»  II. Andantino sostenuto e cantabile
11.

-

**:**
»  III. Rondeau: Allegro
12.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/01/01
天才モーツァルト(1756-1791)は8歳の時からヴァイオリンと鍵盤楽器(この場合はヴァイオリンが伴奏として位置づけられている)のためのソナタを書いています。これは自らが演奏するためであり、当時の貴族の子女に献呈されるなど、多分に社交的に利用するためのアイテムとして作られたものです。と言っても。このアルバムに収録された4つのソナタは成長してから書かれたもので、K376からK378までの3曲は1979年から81年頃の作品で、すでに巨匠の風格が漂う流麗で美しい音楽です。K570はもともとピアノソナタですが、作曲家以外がヴァイオリン・パートを付け加えた版が有名で、このアルバムもその版に沿って演奏されています。なんといってもガロワの演奏が素晴らしく、一味違うモーツァルトを広めるのにふさわしい1枚となっています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。